【初心者も楽々】ブログから電子書籍を出版し販売する7ステップ

「毎月の給料のほかにあと3万円くらい収入があれば、だいぶ暮らしに余裕がでるのになー」

と思う方は多いのではないでしょうか?

  • 毎月の給料もボーナスもローン返済に持っていかれてしまう
  • 子育てにこれからさらに出費がかかりそうで不安…
  • せこせこした節約生活はしたくない!

お金に関する悩みはつきませんよね。

もしも、毎月の給料にプラス3万円もらえるとしたら、どうしますか?

  • 夢だったモルディブで水上コテージに泊まる
  • 3つ星レストランで食事
  • 欲しかったオーダースーツをつくる
  • 積み立てて資産運用

など、ちょっと楽しそうですよね!

わたしは普通のサラリーマンですが、

  • ブログをもとに、
  • 1年間で4冊の電子書籍(アマゾンkindle)を出版し、
  • 月に3万円を印税で稼ぐことができるようになりました。

「そんな簡単に月3万円の副収入なんて無理だよ」

と思うかもしれません。

確かに、ハッキリ言って誰でも簡単にできるというわけではありません。

だけど電子書籍を出版することは「書くこと」が好きな方であれば、それほど難しくもないです。

この記事では、わたしが成功した「ブログからアマゾン電子書籍を出版し月3万稼ぐ7ステップ」について具体的にわかりやすく書いていきたいと思います。

  • ブログを始めてみたい
  • 本を書いてみたい
  • 電子書籍を出版してみたい
  • 電子書籍で月3万円稼ぎたい

という方に刺さる記事を目指しましたので、そういう方は安心してこのまま読み進めてください。

  • ブログに興味はない
  • 書くことは嫌い
  • 簡単に稼げる方法を手っ取り早く知りたい

という方にこの記事の内容は合いません。

時間がもったいないと思うので、どうぞほかのページをご覧ください。

では、行ってみよー!!!

1.【前提】 電子書籍出版はアマゾンkindle(KDP)一択のみ

ひとくちに「電子書籍」といっても、楽天のkoboなどさまざまな販売サイトがあります。

私がオススメするのはアマゾンのKDP(kindle direct publishing)のみです。


理由は電子書籍市場シェアが圧倒的だから。

なんと、電子書籍シェア40%以上がアマゾンなんですね。

もうひとつの理由としては「本を始めて出版する素人」でも売れる可能性がある。

アマゾンで買い物をしたことがある方はわかるかと思いますが、「この商品を購入した方はこちらの商品にも興味があります」という、例のサービス↓↓

このようにアマゾン独自のマーケティングシステムにより、似たような本を買った人がいたら、紹介してくれるのです。

たとえば、自分が「片付けに関する本」を出版したとしましょう。

もし、ベストセラー、たっく『必要十分生活』を買った人が自分の片付け本を同時に買ったり、閲覧後に買ってくれたとします。

すると、どうでしょう!

『必要十分生活』のページを見た方に、自分の本をPRできるわけです。

この効果はでかい!!

大きなマーケットを持っているアマゾンならではの強み。

ちなみに、画像に掲載されているのはわたしが出版している本です。ムフフ…

アマゾン独特のサジェスト機能があるからこそ、初めて本を出版する素人でも良い本をだせば、ベストセラーになる可能性があります。

ちなみに、電子書籍として出版された後、それが出版社の目にとまりリアル出版された例も多数。

先ほど紹介した、たっく『必要十分生活』は電子書籍でブレイクした後に、紙の本として出版されベストセラーになりました。

成功すれば、電子書籍としても、紙の本としても両方から印税をもらうことができるというのも電子書籍の大きなメリット。

電子書籍はアマゾンのキンドルを選ぶようにしましょう。

2.ブログから電子書籍を作る7つのステップ

お待たせしました!

ここからはブログから電子書籍をつくる具体的な方法を、あなただけに特別にご紹介いたします。

ステップ1 最終的に出版する本のタイトルを考える

まずは、最終的に出版する時の本のタイトルを考えましょう。

えっ!早すぎない?と思うかもしれませんが、これが非常に大切。

「1冊の本を出版する」というゴールを最初に決めてしまうことで、迷うことなくブログ記事を書くことができるからです。

わたしのベストセラー『駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる』を例にしてお話しますね。

[コムケン]の駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる

この本はわたしが運営するアメブロ「駅近小さな家」をもとに作成しました。

※現在ブログ「駅近小さな家」のコンテンツを当ブログに移行中です。

貯金やミニマリストに関する記事もバシバシ更新していきますので、「駅近小さな家」でコムケンを知っていただいた方もお楽しみに!

ブログを立ち上げる時に、「駅近小さな家」というコンセプトで貯金や片付けをテーマにした本を出版しようと事前に決めていたのです。

やみくもにブログをはじめるのではなく、『~』というタイトルの本を出版する!とゴールを最初に設定することで、最短で成果を上げることが可能になります。

ステップ2 ブログの「カテゴリー」を考える

つぎに1冊の本を書くことを目指して、ブログ記事のカテゴリーを決めていきます。

このカテゴリーを決めるという作業は、本の「各章を決めていく作業」と思ってください。

ブログ「駅近小さな家」では、

  • 駅近のメリット
  • 小さな家のメリット
  • 貯金戦略
  • お金を貯める方法

というようなカテゴリーを作りました。

そしてそれをそのまま、本の中で

  • 1章 駅近のメリット
  • 2章 小さな家のメリット
  • 3章 貯金戦略

と、ブログカテゴリーをそのまま章立てとして利用しているのです。

何も考えずにブログを書き始め、本を編集する時になってはじめて章立てを考えると、章だてをする時に、かなり労力を使います。

本をつくる上で章立ては重要ですので、ブログから本を作りたい方は注意してブログカテゴリーを決めるようにしましょう。

ステップ3 ブログ記事を50書く

ぶっちゃけ、ここが一番大変!挫折する方はここでくじけてしまいます。

まずは10記事を書くことを目標にしましょう。

クロネさんの「ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座」が非常に参考になります。

10記事書くごとに励ましてもらえてブログを続けるのが楽しくなるはず!


カテゴリーを決めたらあとはブログ記事をコツコツと量産するのみです。

記事の文字数は特に決める必要はありませんが、3000文字を目安に書いてみましょう。

3000文字の記事を50書くことができたら、単純計算で15万字の文書を作ることができます。それを編集すれば、最低でも5万字となり1冊の本として成立するのです。

5万字で足りるの?と思うかもしれませんが、電子書籍はむしろページ数を減らすことでサクサクと読めることが好まれます。

ブログ開設当初は記事のタイトルや構成を決めるのが難しいです。

そんなときは、「小さな家のメリット7選」のように、

  • 1つめのメリットは~!
  • 2つめのメリットは~です。

と、数字を使いながら【箇条書き】で書いていくことが書きやすくオススメ。

勘の良い方はお気づきでしょうが、実はこの記事もその方法で書かれています。

  • 2つを比較しながら書く方法 ex)「賃貸と持ち家はどちらがいいの?」
  • メリットとデメリット比較 ex)「持ち家のメリット&デメリットをまとめてみた!」

こんな感じで書くのも読者にとってわかりやすいし、「型」が決まっているので書きやすいです。

ブログ記事のタイトルを決めるのに、リョーヘイさんのブログ「BANK ACADEMY」の記事「これだけ!ブログのタイトルのつけ方【初心者ブロガー向け】」が参考になりますよ!

ステップ④ 本の「もくじ」をつくりブログ記事を当てはめる

\(^o^)/ブログ記事50、よく頑張りましたね!!\(^o^)/(←クロネさんリスペクト)

記事を50書くことができたら、電子書籍として編集をしていきましょう。

  1. 本のタイトルはすでに決まってる
  2. 章立てもブログカテゴリーをもとに作成済み

の状態だとします。

50記事の中で本のタイトルとマッチしている記事のみを残す形で「もくじ」を作ります。

やみくもにブログ記事を羅列しても1冊の本にはなりません。

きちんと読者が読みやすいように、

  • 本のコンセプト
  • 何を伝えたいか(目的)
  • 誰につた言えたいか(ターゲット)

を考えて、編集することが大切です。

この過程では本をつくる「企画書」があるとコンセプトがぶれなくなります。

企画書のつくり方は、

関連記事>>>紙の本を出版する超具体的な方法【体験談&電子書籍との比較つき】

の中に書いたので、参考にしてくださいください!

目次づくりの例として、『駅近小さな家に住むだけで年150万貯まる』の目次を紹介します。

はじめに
1 どんな駅近小さな家を選んだらよいか
持ち家と賃貸ではどちらが得か
都心に住むか郊外に住むか
職住近接で立地を選ぶ
みんなが住みたいまちを選ぶ
勉強せずに家を買うのは危険すぎる
一生の買い物をするための勉強をしよう
戸建てかマンションか
新築か中古か
LDK一体型の間取りを選ぶ

2 駅近小さな家住むだけでお金が貯まる7つの理由
駅徒歩5分以内に住みなさい
空間をシェアすることで小さな家でも快適ライフ
理由①車を持たなくて良い 【年674,500円節約】
理由②住居のローン返済が楽【購入時1700万円節約】
理由③モノを買わなくなる
理由④ムダな交通費がかからない 【年69,400円節約】
理由⑤ランニングコストが安い【初年度292,000円節約】
理由⑥売りやすく貸しやすい家である
理由⑦老後も含め住み替えしなくてよい

3 人生を楽しくする貯金戦略
あなたが貯金するのはどうしてですか
死ぬまでにやりたいことリスト
お金の基本 使い方3パターン
大原則 収入を増やし支出を減らす
守りの戦略①浪費をしない【年180,000円節約】
守りの戦略②賢い買い物をする
攻めの戦略①消費を投資に変える
攻めの戦略②賢い投資をする
攻めの戦略③副収入を得る

4 駅近小さな家流 スマート貯金術
貯金効果を考える
投資効果を考える
200万の車より100万のベッドを買いなさい
固定費と変動費について
固定費貯金の仕組化
①ローン返済 ローン金利0.5%でここまで違う
繰り上げ返済について
②保険 持ち家なら生命保険必要なし 【年216,000円節約】
③車 駅近小さな家だからこそ車がなくても快適
クレジットカードは2枚まで 【年6,000円節約】
今すぐクレジットカードにハサミを入れよう
スマート&エコな暮らし 冷暖房費
スマート&エコな暮らし 適切なアンペア数
水道代も仕組化でノーストレス貯金
変動費貯金の仕組化
・買い物編
最良のモノを最安で手に入れる買い物術
最速最安で家電を買う方法
・食費編
家で食べるご飯が一番美味しい 【年192,000円節約】
・レジャー編
満足度No1オリジナルな旅行プラン
早めのプランニングで交通費がお得に
素泊まりプランで「地元」を味わう
・趣味編
散歩&登山のススメ 一番費用対効果の高い趣味
ジムに行くより公共のスポーツ施設を利用しよう 【年92,000円節約】
おわりに 夢のある楽しい人生を!

ブログ「駅近小さな家」はミニマリスト的な視点で、「家の中に必要ないモノ」のカテゴリーもあったのですが、その内容までこの本に入れてしまうと【家と貯金の関係性】という本のコンセプトが伝わりづらくなると考え、「家の中に必要ないモノ」に関する記事は別途、別の本に使うことにしました。

関連記事>>>トイレマット断捨離で掃除が超楽になり、家中のマットを全部捨てた話

「駅近小さな家」という1つのブログから、コンセプトによって

というように本を分けたのです。

このように、ブログを編集し「もくじ」をつくる作業は本をつくる中で大変重要。

ブログから1冊の本につくる上で、1番メインとなる作業がここです。

ステップ5 改行や内部リンクなどキンドル本の体裁を整える

さて、アマゾンキンドルで電子書籍を出版する際には体裁にいくつかのルールがありますので、体裁を整えていきましょう。

めんどくせーと思うかもしれませんが、体裁が整っていないと全く売れません。

しかも、アマゾン側から「体裁を整えてください」と注意メールがきます。

主なルールは3つあります。

  1. 改ページを整える
  2. もくじとの内部リンクを貼る
  3. 読みやすいようにフォントを整える

体裁ルール1 改ページを整える

読みやすい電子書籍にするため文章の途中でページが変わるといったことがないように、改ページ設定をしていきます。

体裁ルール2 「もくじ」との内部リンクを貼る

読者がもくじを読んで、読みたい場所にすぐに移動できるように「内部リンク」をはります。

内部リンクはWindowsワードであれば、まず「ブックマーク」を飛ばしたい場所に貼り付けます。

ブックマークは[挿入]ー[リンク]ー[ブックマーク]で簡単に貼り付けられます。

つぎに[挿入]ー[リンク]で「このドキュメント内」を選び、さきほど設定したブックマークを選べば、もくじからブックマークまで内部リンクをはることができます。

体裁ルール3 読みやすいようにフォントを整える

読みやすいように各章、各節は大き目の太字で書くなどして読みやすい工夫をしましょう。

ブログでつくった記事をWindows「ワード」で1つの文書としてまとめれば、そのままキンドル用原稿として、アップロードできます。

「でんでんコンバーター」を使うべし!という記事をよくみかけますが、使わなくてもWindows「ワード」のままでアップロードは可能。

Macのパソコンなど「ワード」が入っていない場合は「でんでんコンバーター」を使ってファイルを書き換えてからアップロードする必要があるようです。

1~3の体裁を整える作業は実際にキンドルで電子書籍を購入し、その体裁を真似するのがオススメ!

  • 読者がどのようなルートでkindle本を買うのか?
  • 売れている本がどんな体裁で書かれているのか?
  • スマホで本を読むってどんな感じなのか?

を理解することにもつながり、自分の本の売れ行きが確実に上がります。

キンドルアプリはダウンロード無料ですので、こちらからどうぞ↓↓

>>どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。

いまはほとんどの方が「電子書籍をスマホで読んでいる」というデータがあります。

まだスマホで電子書籍を読んだことがないという方は、読んでみて読者の視点を持つようにすると読みやすい文章や体裁がわかるようになります。

ステップ6 WindowsペイントやCANVAを使って本の表紙をつくる

本を作る作業もいよいよ終盤。

ウィンドウズのアクセサリとして最初から入っている「ペイント」を使って本の表紙を作成します。

表紙を作るのって大変そうだなーとわたしも思っていましたが、笑っちゃうくらい超簡単でした!

参考になる動画はこちら↓

出典:youtube「電子書籍でビジネスを加速する!」

表紙をつくるときは毎回、この動画を見ながら作っています笑

追記⇒最近はCANVAを使って作ることも増えてきました。よりデザイン性が豊かです。しかし、この動画は初めてキンドル本の表紙を作る際に一見の価値あり!

用意するのは1枚の写真だけです。

例としてわたしの本の表紙を出しますが、これは商用利用無料の写真や自分で撮った写真を使っています。

[コムケン]の世田谷で使える美味しいコスパグルメ完全ガイド|コムシュラン2018[コムケン]の駅近小さな家に住むだけで自然と片付く暮らし

商用無料写真がダウンロードできるオススメサイトとして、

をわたしはよく使っています。

表紙には

  1. 本のタイトル
  2. 著者名
  3. キャッチコピー

を入れます。

キャッチコピーをつくるポイントはブログタイトルをつくるポイントと同じ。

数字を使って訴求することや、本の中のキラーフレーズ(えっ?そんなアイデアがあるの!読んでみたいと思わせる一文)を入れましょう。

慣れてくれば、表紙はほんの10分で作れるようになりますよ。

ステップ7 アマゾンキンドル(KDP)に登録し出版する

いよいよ最後の工程、アマゾンキンドルに登録をして出版の手続きをします。

著者名や自分の出版社名まで決めることができます。ワクワクしますね!

10分あれば登録は完了!

登録に関する詳しい方法は、天狗宇さんのブログ「LIFE LOGS」この記事↓がわかりやすくてオススメ。

>>Amazon、Kindleで出版する方法。KDP登録、銀行口座、米国源泉徴収税金編

作った本の販売価格を設定したり、ロイヤリティ(印税率)を決めます。

アマゾンのロイヤリティは35%と70%の2種類。

どちらを選べといわれたら70%を選びますよね。笑

70%にするのにはいくつか条件があり、重要なのは、キンドルアンリミテッドという定額で電子書籍を読み放題サービスに無料本として登録するという条件です。

無料で読まれてしまうのはそれだけ本が売れなくなるからデメリット大きいなーと思うかもしれませんが、それでも断然キンドルアンリミテッドに本を登録して印税70%がオススメ。

その理由は無料で読まれたページ数によってもロイヤリティが入るからです↓↓

このグラフはわたしのKDPの販売レポートなのですが、上段が注文数で、下段が無料で読まれたページ数を示しています。

この下段のページ数によってもロイヤリティ(印税)がもらえるというわけです。

私も月3万円の中で実際の販売による利益は1万円ほどで、残り2万はキンドルアンリミテッドによる印税なので、むしろこちらの方が多いくらい。

ということで、キンドル本を出版した時は読み放題サービスキンドルアンリミテッドに登録することを覚えておいてくださいね!

月額¥980で、豊富な本、コミック、雑誌および洋書が読み放題になるサービス「キンドルアンリミテッド」を30日間無料体験自分がサービスを使う側に立ってみて、自分の本が読まれる感覚・どんな本が売れているかを勉強するのは有益です。

出版の設定ができたら販売開始のボタンを押しましょう!

おめでとうございます!今日からあなたも作家の仲間入りです\(^o^)/

アマゾンが審査をした後、通常であれば1~2日で販売が開始されます。

アマゾンの中の検索窓で自分の本の名前や著者名で調べると、新着本として検索にひっかかるはず。

これがまた超嬉しいんです!!

3.出版した本をPRしよう!自分の本を知ってもらう3つの方法

電子書籍は出版社を通していないので、自分で売り込まなければ、基本的に誰にも気がついてもらえません。

だから、著者である自分自身がどんどん積極的に本をPRする必要があるのです。

そこで、最初に行うべき3つの販売促進方法を紹介します!

方法① Amazon本無料キャンペーンの設定

アマゾンでは5日間まで自分の本を無料でダウンロードできるようにする「キャンペーン」を設定することができます。

このキャンペーンは発売後、すぐやった方がよいです。

その理由は、

  • 無料でも読んでくれた方がレビューを書いてくれるかもしれない
  • 例の「この本を買った方はこちらの本も購入しています」というアマゾン独自のPRに引っかかりやすくなる
  • 売れ筋ランキングに掲載されるようになる

これです!

アマゾンで買い物をするときって、レビュー星の数や口コミ件数はかなり気にしますよね。

レビューが1件もなかったら買いません。

できたら友人・知人にお願いをしてレビューを書いてもらうようにしましょう。

レビューの数と星の点数で今後の売れ行きにかなり差が出ます。

方法② 自分のブログで紹介する

ブログを使って電子書籍をつくる方法が優れている点として、ブログ読者がそのまま購入見込み者になってくれるということがあります。

電子書籍を出版したら、ぜひブログ内で先ほどの無料キャンペーンのお知らせや、電子書籍出版のお知らせ記事を書くようにしましょう。

あなたのブログのファンがきっと良いレビューを書いてくれる!(はず。笑)

方法③ TwitterやフェイスブックなどSNSで周知する

ツイッターやフェイスブックのアカウントがあれば、アマゾンでの販売画面リンクをつけて販売を開始したことを周知しましょう。

電子書籍はSNSの相性はとても良いです。

というか、SNSを持っていないと、PRする手段があまりないので、ちょっと辛い…

逆に言えば、ツイッターやインスタのフォロワー数が多い方には、それだけベストセラーになるチャンスあり!

4.まとめ

ブログを使って電子書籍を出版する方法いかがでしたでしょうか?

えっ?なかなか大変そうだって?

はい、正直なところ「誰でも簡単に」ではありません。

適当に書いて販売したとしても、全く売れないでしょう。

だけど、書くことが好きな方であれば、それほど難しくはありません。

そして、本をつくる作業がとても楽しいと思うはず。

一生懸命に読者が喜ぶ本をつくろうと頑張れば、それはきっと結果として返ってきます。

ぜひ、自分の持っている知識を活かして、「一冊の本」にしてたくさんの人の役に立ちましょう。

電子書籍は1度「みんなに喜ばれる=売れる本」をつくってしまえば、安定して収入がはいるのが魅力です。

収入源を複数もつことは1つの会社に依存せずに、自分らしく自由に「自分勝手に生きる」ことにつながります。

ぜひ、本を出版したいという夢を持つ方は、その第一歩として電子書籍を出してみてはいかがでしょうか?

最初にかかる初期投資もアメブロやはてなブログなど無料のブログサービスをつかえば、ほぼ0円です。

電子書籍を出版するのに、必要なのは

  • 一歩踏み出す勇気
  • ブログを50記事を書く根気

だけです!

楽しんで、本を出版してみてくださいね!

では、またどこかでお会いしましょう!

P.S

この記事の中で紹介した『駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる』を含めたコムケンの電子書籍、よかったらこの機会にぜひご覧ください!!(←宣伝です)

次の記事へ>>>紙の本を出版する超具体的な方法【体験談&電子書籍との比較つき】

こちらの記事も人気>>>素人がベストセラーを出版する4つの条件&【成功の法則がわかる3冊】

キンドルkindle無料読書アプリダウンロードはこちら。

【SNS「Holiday」最多入賞の旅・お出かけライター/30代サラリーマン作家】

好きなことで生きる決意→入社1日目「数年で会社辞めます」宣言し浮く挫折→会社&副業を両立し結果を出すスキル習得→20代で「紙の本、キンドル本出版」→世田谷の魅力、コスパ旅の楽しさ、駅近小さな家のライフスタイルを発信中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。