My Life

夢・目標を達成する手帳をつくる7ステップ!オススメの手帳も紹介

突然ですが、皆さんは夢をお持ちですか?

  • 「世界一周旅行をしてみたい!」
  • 「カフェをオープンしたい」
  • 「本を出版したい!」

きっとさまざまな夢をお持ちだと思います。

  • 「どうしたら夢がかなうんだろう?」
  • 「夢を実現するために手帳の使い方が大切って聞いてことがあるんだけど…」
  • 「夢なんて、叶わないよ…」

という疑問やあきらめを感じている方もいるかもしれませんね。

断言します、夢は叶います。

きちんと自分が決めた目標を着実にこなしていけば、夢は叶うのです。【ただし、目標を設定しそのための時間管理をしっかりすれば。】

目標を見定める、時間管理に欠かせないのが「手帳」なんですね

わたしは20代で夢だった本の出版を実現できました。これも手帳を使って、うまくモチベーション・時間を管理することができたから。

この記事では、目標を達成し、夢をかなえるための手帳の使い方を超わかりやすくご紹介していきます。

もくじ

夢と目標の違いとは?

まずは夢と目標の違いから確認していきましょう。結論からいうと、「夢」は最終的なゴールであり、理想の状況。

それに対して「目標」は夢という目的を達成するためにクリアするべきステップ・道標です。たとえば、世界一周旅行という夢で考えてみます。

「世界一周旅行という夢をかなえるためにどうしたらよいか?」を考えると、目標がでてきます。世界一周旅行を実現するための目標は、1年以内に

  • 50万円をためる
  • TOEFLで●点取るだけの英語力をつける

これらが目標です。

漢字で考えるとわかりやすいのですが、夢(目的)はぼんやりとした的です。それに対して目標は目的に近づくための道標。

なぜ夢・目標を達成する上で手帳が大切なのか?

夢をかなえるための手帳の使い方に関する本がこれまでのたくさんの本が出版されています。それだけ、手帳は夢をかなえるうえで欠かせない重要なアイテム

なぜ手帳には夢をかなえる魔法のような効果があるのでしょうか?手帳には大きく2つの力があります。

手帳の持つ力① 夢を叶えるモチベーションを継続する力

ひとつは手帳の、その年にかなえたい夢や実現したい目標を書くことで、夢や目標を忘れないようにする力。

  • 「毎日忙しい仕事に終われる中で、自分が何をしたいのか?」
  • 「どんな生活を送りたいのか?」

というが持つ理想のイメージは、意識しなければ忘れてしまいます。だからこそ、毎日見る手帳の中に夢や目標を書き、日常的に目に付くようにすることで夢をかなえるというモチベーションを落とさない効果があるのです。

手帳は、「自分との約束を守る」ためのツール。

  • ヤシマ作戦打ち合わせ
  • 職場の忘年会
  • トネガワ部長とゴルフ

など手帳には人との約束を書くツールという認識があるかもしれませんが、それはメイン機能ではありません。

自分で決めたスケジュールならまだよいのですが、人が決めた予定ばかり入っていたら、それだけ自分の時間を人に奪われているということ。

  • 文学賞の募集要項を確認する
  • 過去の入選作品をリサーチする
  • 今月中に小説の原稿を書く
  • 今日中に文学賞に応募する

このように、手帳には「自分との約束」をどんどん書いていきましょう!

手帳は自分の時間・人生を自分のものにし、夢をかなえるというモチベーションを継続するためのアイテムなのです。

手帳の持つ力② 締め切りを決め時間を管理する力

カレンダー, 壁掛けカレンダー, 日, 日付, 年, 時間, スケジュール

先ほど、少し触れましたが、手帳に書くことは「自分との約束」です。

  • 今日中に●●に連絡をとる
  • 明日までにブログ記事を1つアップする

やるべきことに期限をつけ、todoリストとして手帳を使うことができるのです。

夢や目標はいつまでにそれを達成するという期限がなければ、絶対に達成することはできません。

だって、夏休みの宿題に期限がなかったら、8月31日に頑張って宿題やらないでしょ?夏休み中にやることという期限があるからこそ、提出しようと頑張るんです。

手帳が夢をかなえる力をもっているのは、「締め切りを決め、時間を管理する」という機能によるところが一番大きい

夢・目標を達成するためにオススメの手帳

これから手帳術を紹介する前に、わたしが使っている手帳について説明します。

オススメの手帳は「高橋書店No.270番台リベルプラス」

結論からいうと、私のオススメは高橋書店「No273 リベルプラス」です。

 

 

数年前から継続してこの手帳を使っています。これまでいくつかの手帳を試してみましたが、使い勝手がすごく良い。3つのオススメポイントを紹介します!

オススメ理由1 リベルプラスはどこでも売っていてコスパよし

手帳の高橋は手帳メーカーの老舗ですので、文房具店に行けば、どのお店でも大量に扱っています。これが意外と重要で、「あれっ?去年売ってた手帳が今年はないなー」なんてことがなくなるのです。しかも、安い!!

2017年版は630円(税抜き)。

値段の割りに上質な革のような(プラスチックだけど…)おしゃれなデザインが気に入っています。

オススメ理由2 リベルプラスは軽くて持ち運びしやすい

リベルプラス3は中身が非常にシンプルで、薄く軽いのが特徴。手帳によっては時候の挨拶や簡単な外国語(世界の言葉でこんにちはの表現とか)が載っているものがありますが、そんなページなかなか使うことがありませんよね。

スケジュールを書き込むページのほかにメモページという潔さはまさに、禅の境地です。

ただし、巻末には邦暦、西暦、年齢、干支の早見表がついています。これはたまにつかうので便利!ビジネスマンのつぼを押さえてるなーくぅぅーー!!!

オススメ理由3 リベルプラスはカレンダーメインで使いやすい

手帳の肝であるスケジュール管理ページにはさまざまな種類があります。

わたしが好きなのはカレンダータイプ。

出典:手帳の高橋公式HP

 

こんな感じです。実際にカレンダーページをどう使うのかは後ほど紹介いたします!

オススメ理由4 リベルプラスはデザインが変わらない安心感

高橋書店は大手ブランドですので、ページの仕様が急に変わることもなく、毎年継続し同じデザインで手帳を使うことができます。

そうすると何が良いかって、過去と比較しやすい。わたしは年末に来年の目標を立てるときに過去2年分の手帳を見返し、

  • 自分の成長につながった予定は継続して来年も取り入れる
  • 自分の成長につながらなかった予定は来年にしない

という習慣を持っています。

もしも毎年違うデザインの手帳を購入しているとしたら、見比べるのが大変なんですよね。だから、デザインがずっと変わらないのは過去と比較する上で、とても重要なんです。

夢を叶えるためのスケジュール管理は手書きかスマホどちらがよいか?

「そもそもスマホでスケジュール管理すれば手帳いらないんじゃないの?はい、論破。(にんまり)」という方がいるかもしれません。

たしかに電子管理のよさはスマホ、パソコン、職場のパソコンと同期して管理してしまえば、手帳を持たずにどこでもスケジュール管理ができるところ。

しかし、わたしは断然手書き派。

やはり、手書きのほうがスケジュールを追加・変更するときや、実行済みに丸をつけるなど編集がしやすいです。手で書いたほうが記憶に残りやすくスケジュールを忘れにくい。

タスク管理をするうえで、すでに終わったことに丸をつけるときに達成感を感じやすいのもポイント。

システム手帳ってどうなの?

システム手帳は、わたしには合いませんでした…社会人1年目に「大人になったから、革の手帳を買おー!」と思って渋谷LOFTでゴツイ、システム手帳を買ったんですね。

 

中身も自分には不要な機能がたくさんついていて、一発で開きたいページが開かない!というフラストレーションを感じるようになってしまいました。

結局1年間使って…捨ててしまいましたね(号泣)

けど、使っていないモノをずっと持っていても仕方ないので、そういう時は思い切って捨てる!システム手帳が合うという方も、もちろんいらっしゃると思いますので、自分の使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。

手帳を仕事とプライベートで分ける必要はない

手帳を仕事とプライベートで分ける必要は全くありません。2つ管理するのが大変になるだけでほぼメリットはないでしょう。(2つ使っているという方がいらっしゃったらぜひ教えてください!)

たとえば、夜に仕事の会議が入った時、どちらの手帳に書くべきかわからなくなってしまいます。両方に同じ予定を書くのも2倍の手間がかかりますし、漏れも増えてしまうのでオススメしません。

夢・目標を達成する手帳をつくる7つのステップ

 ãƒãƒƒã‚°, 革製品, ノート, アクセサリー, 女性のファッション, 携帯電話

ここからが本題です。普通の手帳が、これから紹介する7つのステップを実行するだけで「夢をかなえる魔法の手帳」にかわります。

ステップ① 夢をリスト化する

自分の夢は何か?をしっかりわかっていないと夢を叶えることはできません。当たり前のことなのですが、意外と見落としがちなところです。

大きな白い紙とペンを用意して、考え付く限りの自分の夢を書き出してみましょう。

目標は100個です!これはロバートハリスさんが書いた『人生の100のリスト』という本に載っていた人生を豊かに過ごすための方法。

 

 

常識や他人の目を気にすることなく、自分が死ぬまでにしたいことを余すことなく書き出していきましょう!(誰にも見られないから、大丈夫!ちょっとHなことも書いちゃいましょう笑)

「100個もかけないよー」という声が聞こえてきそうですが、このワーク、100個書き出すことに大きな意味があります。

  • 両親を温泉旅行に連れて行く
  • 蒙古タンメン中本で北極ラーメンを完食する

とかライトなもので十分です!

100のリストの詳しいつくり方は、「人生の100のリスト」をつくるメリット&夢が叶う作り方のコツをご覧ください!

あわせて読みたい
人生でやりたいことリストを作るメリット&夢が叶う作り方のコツ3選みなさんは『人生の100のリスト』という本を知っていますか?この本は著書ロバートハリスが人生で死ぬまでにやりたいことを100のリストにし...

ステップ② 夢を達成する期限を決める

あなたの夢を100個書き出すことはできましたか?そうしたら次にすることは、それぞれの夢を達成する期限を書きくわえましょう。

西暦を使って「2020年まで」など年単位でいいでしょう。もし、書けそうであれば具体的な日程を書いてもいいです。ここまでが、手帳を使う前の下準備です。

ステップ③ 年目標や今年かなえる夢を年末に決める

さて、ここから実際に手帳を使っていきます。

さきほどステップ②で2018年までに達成すると決めたものを中心に、2018年にかなえる夢・達成する目標を2017年の12月に決めます。

ビジネス、お金、社会貢献、家族、情報発信などテーマを決めて箇条書きで書いていくのがいいでしょう。

年目標が決まったら、これをパソコンで清書し、完成したら、1枚プリントアウトします。(超アナログです)A4サイズで打ち出したら、手帳裏に貼れるようにハサミで切ります(超アナログ第2段)そして、手帳の表紙裏に貼り付ける!!

これの何がいいかというと、表紙のすぐ裏だから毎日目にするわけです。

毎日、自分の夢や目標を目にすることでモチベーションが落ちることがなくなります。

ステップ④ 月目標を決め手帳内カレンダー1番上の余白に書く

ステップ③までは前年の年末までに行う、いわば計画をつくる作業です。ここからは実際にどのように手帳を使っていくかという話。年目標を達成するために、つぎの月は何をしたらよいかを考えます。

月目標を決める作業は、月末に行います。

だから2018年の年目標をステップ③で決めたときに、2018年の1月の月目標はこの時点で決めるということです。

何を何月にやるという、2月以降のスケジュールまでガチガチに決めてしまうとスケジュールに縛られてしまいます。余白も残しておきましょう。

そもそも1つ1つの夢にガチガチのスケジュールを作成することが大変ですし、1年の中で「この夢はなんかしっくりこないなー、よし!止めよう笑」なんてこともざらにあります。

だから、月の初めに進捗状況を確認するとともに、その月にはここまでやろうという目標を月ごとに決めていくことがオススメ!

ステップ⑤ 週目標を決め手帳のカレンダー左余白に書き込む

ここからは手帳を運用していく時の使い方です。土日になったら次の週の目標を決めましょう。

これが週目標です。週目標はカレンダーの左側の欄に書きます。たとえば、月目標がツイッターフォロワーを100人増やすだとしたら、

  • フォロワーの増やし方を調べる
  • フォロワーを一週間で30増やす
  • フォロワーが1万人以上いる人に会いに行き話を聞く

などが週目標です。

ステップ⑥ 1日ごとのtodo(日目標)はカレンダー欄に書く

1日ごとのtodo(すべきこと、日目標)を達成するために2つのポイントがあります。

todoを達成するコツ1 具体的な数字や行動を書く

1日ごとにすべきこと(todoリスト)はカレンダーの四角の中に書き込みます。

箇条書きで時間付きで書くのがオススメです。

たとえば、

  • 6朝活 ブログ5000文字作成&アップ
  • 12昼食 郵便局でハガキ出す
  • 13打ち合わせ@第5会議室
  • 18~さんインタビュー@渋谷エスタシオンカフェ
  • 21ツイッタープロフィール更新

こんな感じです。日目標を設定するときのポイントは「具体的な数字や行動を書く」こと。

たとえば、「山田さんに連絡する」ではなくて「山田さんに電話をかける」の方が、より具体的で良い書き方です。

同じように「ブログを1記事書く」よりも「正しいメールの送り方に関するブログを1記事5000文字書く」ですね。

なぜ、具体的な数字や行動を書いた方がいいのか?それは、

  • 自分がどこまでやったら良いのかというゴールがわかりやすいから
  • 朝、手帳を開いた時に、何をすべきなのかが瞬時にわかるから

「ブログ記事を書く」とだけをtodoにしておくと、どんなテーマで何文字書けば良いかがわからずスタートする時に迷って遅れが生じてしまいます。

そこで、「正しいメールの送り方に関する5000文字の記事を書く」と決めておけば、手帳を見返した時にすぐに行動できるのです。るべく物事を細かく分けて、小さなステップでtodo リストを作るとサクサク行動することができます。

todoを達成するコツ2 朝と夜の最低2回は必ず手帳を見る

手帳は朝と夜には必ず1度は確認をしましょう。

朝、手帳を見ることは、今日は何をすべきかということを朝イチで意識するために欠かせません。夜、手帳を見ることは、本日分のtodo(日目標)がきちんと達成できたかを確認するためです。

わたしは暇さえあれば、手帳を見ています。自分がすべきことを見失わないためです。

達成した日目標には、○をつけます。この丸を付ける作業が快感なんですよ!!

達成できなかったことは基本的に次の日に持ち越します。

ステップ⑦ 達成できなかった週目標は来週中にキャッチアップする

さて平日、月曜日から金曜日で達成できなかったこともあるかと思います。達成できなかった日目標は土曜日、日曜日でキャッチアップしましょう。

「また来週頑張ればいいや…」

となると、徐々にやることが溜まってしまうので、そうしないためにも土日を有効に利用。

できなかった日目標をきちんと週末に行うことで、週目標をクリアし、月目標を達成することができるようになります。

夢を叶える手帳術を使って20代で本の出版を実現した話

この7つのステップ、手帳術を使ってこれまでに夢をかなえてきました。「本を出版する」という夢は2年がかりで達成。1年目は原稿を少しずつ書き溜め、年末には、

  • 書き溜めた原稿の抜粋であるサンプル原稿
  • タイトルや読者ターゲットなどを書いた出版企画書
  • 自分のプロフィール

の3つを作成し終えることができました。そして、次の年に向けて、1月の月目標に「出版社との打ち合わせを設定する」と書き、

  • 1月1週目には「出版してくれそうな会社をリサーチする」
  • 1月2週目には「リサーチした出版社5社にメール&電話する」

この週目標をクリアすることで、「出版社との打ち合わせを設定する」という月目標をクリアすることができたのです。

そして、2017年11月に出版することができました。

素人が出版社を通して紙の本を出版する方法は近々NOTEにまとめようと思っています(‘ω’)ノ

この経験から言えることは、「1月の行動はとても大事」ということです。

1月にスタートダッシュをきめることで、その年に何をなせるかが決まります。

これから、夢・目標を決めるという方はぜひ、1月の過ごし方を意識してみてください!

まとめ:手帳は夢を叶えるための重要アイテム 手帳を上手に使って夢を叶える楽しい人生を!

夢・目標を達成する手帳をつくる7つのステップ、いかがでしたでしょうか?

「1年の計は元旦にあり」

と言われるとおり、夢を叶えるためには、まずその夢の設計図・計画表となるものが必要であり、その設計図こそ「手帳」です。

そして、計画づくりは1年のスタートである1月1日元旦に立てる、いやむしろ、12月末に作成し、元旦にはすでに立っている状態が理想的なスタートダッシュをするために大切なのです。

ぜひ、夢の設計図である「手帳」を上手に使いこなして、楽しい人生を送ってください!というか、いっしょに送りましょう!

あわせて読みたい
【コスパマニア厳選】コストコおすすめ食品ランキング!アメリカ生まれの会員制大型スーパーマーケット「コストコ」。コストコ人気の秘密はなんといっても「コスパ」です。 ▼コストコ会員になる...
あわせて読みたい
【書評・レビュー】『伝え方が9割』に学ぶノーをイエスに変える社内コミュニケーション術会社で上司に何か説明するときなど、「あの人が説明すると話が通りやすいけど、あの人が説明すると話が全然通らない…」ということ、ありますよね...
ABOUT ME
コスパマニア
コスパマニア
【30代パラキャリグルメブロガー】初心者・兼業ブロガーの味方! 夫婦二人暮らし/▼20代で出版社からライティング関係の「紙の本を出版」/SNS「Holiday」お出かけプランコンテスト最多入賞▼2018年からブログをはじめる/月7000PV。1年で2万PV、月五桁を目指しています。「世田谷」と「コスパ」が大好き! Twitterフォローはこちらから
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。