エッセンシャル思考で「やらないこと」を決めれば仕事&人生がうまくいく

今日、紹介したいのはエッセンシャル思考という考え方です。

エッセンシャル思考を取り入れるようになると、より少ない労力で生産性があがり、夢が叶いやすくなります!

  • 残業が多くてつらい…生産性を上げて定時に帰れるようにしたい!
  • 会社でも自分の好きなことを仕事にして評価されたい!
  • やりたいことが多すぎて何をしたらいいかわからなくなってしまう!
  • 夢をかなえたい!
  • 最小限の労力で最大限の成果をあげたい!

という方にオススメの記事です。

  • ダラダラと生きたい
  • 仕事も手を抜いてやればいい
  • ムダをなくすという考え方がどうも合わない

という方は時間のムダかもしれませんので、スルーしてください。

ある意味、スルーすることがその方にとってはエッセンシャル思考です笑

1.エッセンシャル思考とは? 一言でいうと「ムダをそぎ落とす」考え方

エッセンシャル思考とは、2014年にシリコンバレーのコンサルティング会社CEOのグレッグ・マキューンが書いた著書エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』の中に紹介されるアイデア。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』は「NYタイムズ「WSJ」でビジネスベストセラーとなりました!

Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める著者の
99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?

本書で紹介するエッセンシャル思考は、
単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。

本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、
システマティックな方法論だ。

エッセンシャル思考が目指す生き方は、
「より少なく、しかしより良く」。

そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になるが、
時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。

引用出典:Amazon『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』紹介文

エッセンシャル思考は一言でいうと、「ムダをそぎ落とす」という考え方。

essencialが「必要不可欠な、必須の」という意味です。

本の中のこの図がエッセンシャル思考をとても良く表しています。

左の図がいろいろなものにエネルギーを奪われてしまっている状態。

やりたいこと、やりべきことが多すぎてこの状態になっていませんか?

右の図がエッセンシャル思考を実践している状態。

やりたいこと、やるべきことが明確だから、それだけに集中することで大きな成果をあげることができるのです。

2.【要約】エッセンシャル思考を理解する3つのポイント

エッセンシャル思考を実践する上で、大切な3つのポイントがあります。

ポイント1 「より少なく、しかしより良く」

「大事なこと(やるべきこと)は多くない」という発想から、「何を捨てるべきか?」を考えます。

「これを必要だ、あれもやらなくちゃ」というプラスしていくデザインから、「これはいらない、あれも不要だ」といらないモノを取り除くマイナスのデザインをしていくのです。

そして、残ったことのクオリティをあげていく。

これが、「より少なく、より良く。」

ポイント2 やることを計画的に減らす

「計画的に減らす」というのがポイントで、普通に生活していると、会社でも「良い人」だと思われたいがために頼まれたことは断わらず引き受けてしまいがちです。

プライベートでも飲み会や遊びの誘いなど、断るのがめんどくさいと思って、なんとなく参加してしまうことがありませんか?

それはあなたにとって、今本当に必要ですべきことなのか?ということ。

やることを計画的に減らす具体的な方法として、「やらないことリスト」の作成があります。

詳しくは続きをご覧ください。

ポイント3 「本当に必要なこと」だけをすると充実感がでる

やるべきことを減らし、本当に必要なことだけをすることで充実感がでてきます。

自分の人生を自分でコントロールできるようになり、人生が楽しくなる。

これがエッセンシャル思考のゴールです。

こうした状態になって、初めて「遊び」を取り入れてみる。

アップルのコンピューターはムダのないデザインでまさにエッセンシャル思考だと思いますが、あの可愛いらしいリンゴのロゴは「遊び」かなーと思います。

3.エッセンシャル思考を使って「究極のミニマリスト」になろう

「エッセンシャル思考ってミニマリストの考え方と似てるなー」

って思った方はするどいですね!まさにその通りです。

「より少なく、より良く」「ムダを省く」という考え方はミニマリストとかなり通ずるところがあります。

一般的にミニマリストが「最低限のモノに囲まれてシンプルな生活を送っている人」というように「モノを少なく、より良く」を実践しています。

これはまさにエッセンシャル思考です。

それが突き詰められると、アイデアや人生設計も「より少なく、より良く」になってくるのです。

まさに考え方と行動が一致している状態です!

  • 家の中の家具
  • 出かける時の持ち物
  • 行動のムダ
  • 地球に負荷をかけるエネルギーのムダ

持ち物の数も行動も全てにムダがない状態、これが究極のミニマリストです。

ミニマリストしぶさんはエッセンシャル思考にもとづくシンプルライフを実践されています。

出典:ミニマリストしぶのブログ 4畳半の、小さい暮らし始めました

  • 本当に必要なのか?
  • 今やるべき必要があるのか?

という視点をいつも持つようにしましょう。

エッセンシャル思考で「やらないことリスト」をつくってみよう!

エッセンシャル思考を使って、自分がやらないことを決めてみました。

  1. ムダな飲み会に行かない
  2. 行列には並ばない
  3. 満腹になるまで食べない
  4. 満員電車に乗らない
  5. 買い物に行かない
  6. 夜11時以降に寝ない(早寝早起き)
  7. 安いを理由に買い物をしない
  8. 自分と同じレベルの人と付き合うのをやめる(尊敬できる人と付き合う)
  9. アドセンスやレポートを見すぎるのやめる

やらないことを決めることで、自分が本当にやるべきこと、やりたいことを実践できるようになります。

反対に、コムケンのやりたいことリストはこちら↓の記事

関連記事>>>

「人生の100のリスト」をつくるメリット&夢が叶う作り方のコツ

サラリーマンであれば、

  • 付き合いの飲み会に行かない
  • 愚痴を言わない
  • 良い人にならない(断れる人になる)
  • 有給休暇をとるのに躊躇しない
  • 空気を読まない
  • 重要でない仕事はやらない
  • ムダな資料は作らない
  • 電話を使わない(メールメインにする)

など、エッセンシャル思考で仕事のムダや自分にとって悪影響を及ぼす習慣を断ち切ることで、残業せず定時で帰れるようになるベースができあがります。

関連記事>>>残業せず定時に帰る超高速仕事術7選【副業を成功させる時間管理】

まとめ:エッセンシャル思考でムダを省くことは、本当に達成したい夢・目標まで最短距離で到達するのに必要不可欠

エッセンシャル思考を生活に取り入れることで、仕事もプライベートでもうまくいくようになります。

わたしも、何か新しいことをはじめる時に「本当にそれは必要なのか?」を考えるようになり、生産効率があがりました。

急に取り入れるのは難しいかもしれません。

そんなわたしたちに『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』はヒントを与えてくれる素晴らしい本です。

ちょっとずつでいいから、一歩一歩小さくても前進していきましょう。

手帳に日々の記録をつけることが、自分が成長したことを実感するのにオススメです。

関連記事>>>

夢・目標を達成する手帳術|20代で出版を実現した私の時間管理

それでは、またどこかでお会いしましょう!

P.S
わたしはエッセンシャル思考を使って、自分に必要な要素だけを考えて家を購入しました。
必要な要素とは、
  • 職場から通勤時間20分以内
  • ムダなモノは持たないから広さは40平米でOK
  • 車を持たなくて済む駅近くで利便性に優れている
  • なるべく低価格でローン返済が余裕
エッセンシャル思考を使って導き出された「駅近小さな家ライフスタイル」は電子書籍にまとめていますので、ミニマリストを目指す方はよかったらご覧ください。

【SNS「Holiday」最多入賞の旅・お出かけライター/30代サラリーマン作家】

好きなことで生きる決意→入社1日目「数年で会社辞めます」宣言し浮く挫折→会社&副業を両立し結果を出すスキル習得→20代で「紙の本、キンドル本出版」→世田谷の魅力、コスパ旅の楽しさ、駅近小さな家のライフスタイルを発信中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。