天才!小室哲哉氏の引退に見る日本の「常識・世間体」という名の宗教

日本音楽シーンの一時代を築いた小室哲哉さんが2018年1月に引退…

このニュースを最初に聞いて思ったことは

「なぜ、引退しなければならないのか?」

  • なぜ、有名人だからといってプライベートをそこまで追い回されないといけないのか?
  • なぜ才能ある人を日本は潰してしまうのか?

今回の騒動で私は思った。

それは、「常識・世間体という宗教」が日本にはあるということ。

【常識】という枠から抜け出す天才を叩く「世間体」という宗教はもういらない

うまくまとまらないかもしれないが、TK サウンドが大好きで、TKサウンドを聞いて育ったわたしの話を聞いてほしい。

1.天才音楽プロデューサー小室哲哉の功績

マイク, 少年, スタジオ, 叫び, 叫んで, 歌う, 歌, 黒と白, 音楽

1984年にTM NETWORKとしてデビューして以来、

  • trf
  • 安室奈美恵
  • globe

など名だたるアーティストをプロデュースし、多数のメガヒットを叩き出すなど、日本音楽界における小室哲哉(以下TKと呼ばせていただく)の功績は計り知れない。

2.日本における「常識・世間体」という名の宗教

ティー ・ ライト, 教会, 光, 祈り, キャンドルライト, 信仰, 宗教

昨年12月に、はあちゅうさん(@ha_chu)が 「日本の宗教は世間体だ」とツイートしてました。


このタイミングではあちゅうさんのツイートは本当に的を射ている。

というか、今回の騒動とタイミングが合いすぎていて、わたしには怖いくらいに思えた。

本当にその通りだと思う。

  • クリスマスにはチキンを食べて
  • 初詣には神社に行く
  • 死んだら仏式で葬式をする

宗教には驚くほど寛容ですが、「常識」や「世間体」という宗教を盲信するのが日本人です。

たしかに、日本には「常識・世間体」という宗教がある。

3.人の批判をしている時間があったら自分のやるべきことに集中する

動揺, 狂牛病, 懐疑的な, 腰上の手, ヒップ, 手, 不満, 女性

人を批判してる、環境に愚痴を言っている時間があったら、自分の目標達成・やるべきことに集中しましょう。

自分の人生を思いっきり生きれば、他人を批判する、他人の人生に関与してる暇なんてない。

1分1秒という時間を自分に投資したくなるはず。

自分の人生を楽しく生きようとする人は、こんなことわかりきっていると思います。

4.人の人生にかまっている時間があったら自分の人生を思いっきり生きよう

こんなことを私が言わなくても、自分の人生に責任を持って、楽しく豊かにやりたいことをやろう、好きなことをやろうとしている前向きな人は、きっと人の批判や足を引っ張るなんてことはしていないです。

人の人生にかまってる時間があったら、自分の人生を思いっきり生きよう!

それができない人は最低限、人の足を引っ張らないでいただきたい。

5.大好きなTKミュージックベスト3

モバイル 電話 Iphone 音楽 技術 通信 デジタル セル スマート ビジネス

TKが引退してしまうのは本当に悲しい。

わたしは1986年生まれなので、まさに TK サウンド全盛期なのです。

小学生の時は安室奈美恵、グローブが流行ってたなー

なぜか高校生になってから、TM NETWORK を知って、TKテクノサウンドに大ハマり!

あのノリノリに乗れるダンスミュージック、そしてTK独特の歌詞も大好きです!

大学受験のときも、めっちゃ聞いて勇気をもらいました。

そんなコムケンが選ぶ TK サウンドベスト3の発表!!

第1位 TM NETWORK  Self Control

もちろんGet Wildも大好きですが、(ライブで前奏でめっちゃ引っ張るTK 好き)それよりも好きなのがセルフコントロール。

シンセサイザーのテクノ感が最高です! そして歌詞がやばい!

君を連れ去る車を見送って

追いかけることさえできなかったあの夜

全てを許す 消えそうな横顔

窓ごしに映って せつなく手を振ってる

言いたいことも うまく言えなかった

このままサヨナラをする訳にはいかない

心の中にたかまってくリズム

もう押さえることはできないさ

しばられたアダムとイブ

走り抜けたボニー&クライド

大切なあの子の目を

これ以上 くもらせないで

作詞:小室みつ子 作曲&編曲:小室哲哉

もう出だしから世界観が半端ない!

そこからのサビ!!好きなのは2番の歌詞です。

Self Control 教科書は何も

Self Control 教えてはくれない

Self Control 明日のことなど

Self Control 誰も分からない

Self Control 自由のナイフで

Self Control とらわれた心を

Self Control 粉々にするさ

Self Control バラバラにするさ

作詞:小室みつ子 作曲&編曲:小室哲哉

サビの歌詞は、自分の人生を自分でコントロールせよ。自分勝手に好き勝手生きろ!

というTKからのメッセージだとわたしは受け取っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Self Control [ TM NETWORK ]
価格:1617円(税込、送料無料) (2018/3/20時点)


第2位 渡辺美里 My Revolution

My Revolutionの、あの凛とした女性像は小室サウンドの共通したテーマな気がします。

これも歌詞が最高にいい!!

わかり始めたMy Revolution  明日を乱すことさ

作詞:川村真澄 作曲:小室哲哉

明日を「変える」じゃなくて、「乱す」っていうところがいいなって。

将来っていうのは、明日を変えるぐらいの気持ちでは変わらないんです。

「乱す」ぐらい強い気持ち、決意がないと未来は変わらない。

この曲を聴くと勇気をもらえます。ありがとうTK。

第3位   Trf Boy Meets Girl

TRFのBOY MEETS GIRLはとにかくノレる!!出だしから体を動かしたくなる。

このミュージックビデオも好きです。

上半身裸体のSAMのキレッキレのダンスもいいですね!

6.常識や世間体という宗教から抜け出し、明日を乱そう!

記事を書きながら、小室サウンドを聞いて、また勇気をもらいました。

SNSが発達した現代において、夢に向かって前向きに活動する姿などポジティブな情報発信を行うひとのつぶやきや作品はまわりにどんどん拡散し、勇気とエネルギーを与えている。

わたしも人に勇気やエネルギー与える、そんな存在になりたい。

このブログもそういう役割でありたい。

一方で、人の批判をし、他人の足を引っ張る人がいるのも事実。

  • 学校に行かなければならない
  • 部活動に入って辞めてはならない
  • 会社に入らなければならない
  • 仕事は本業1つしかしてはならない
  • 結婚しなければならない
  • 子どもを産まなければならない

このようなよくわからない枠で縛りつけ、そこから逸脱したものを叩く「常識」や「世間体」という宗教はもううんざりだ。

気がついている人はもう、常識や世間体という宗教を抜け出して個人で勝負をしかけている。

常識や世間体という宗教にそまり、いつまでも他人をあざわらうのか、

一歩外に抜け出して、輝くために努力し続ける人生を送るのかはあなた次第だ。

わたしは後者を選ぶ。

常識や世間体という宗教から抜け出し、明日を乱そう!

P.S 小室哲哉さんへ

あなたの音楽に、本当にお世話になりました。

これまで生きてきた中で、何度、勇気とエネルギーをもらったかわかりません。

感謝しかありません、長い間ありがとうございました!!

そして、本当にお疲れ様でした!!!\(^o^)/

次の記事へ>>>あなたの働き方今のままで大丈夫?2025年を見据えた【人生戦略】

こちらの記事も人気>>拝啓バレンタインデーでチョコをひとつももらえなかった15の君へ

【SNS「Holiday」最多入賞の旅・お出かけライター/30代サラリーマン作家】

好きなことで生きる決意→入社1日目「数年で会社辞めます」宣言し浮く挫折→会社&副業を両立し結果を出すスキル習得→20代で「紙の本、キンドル本出版」→世田谷の魅力、コスパ旅の楽しさ、駅近小さな家のライフスタイルを発信中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。