【失敗しない自己紹介】新入社員が好印象を手に入れる5つのポイント

自己紹介ってこれまでに何百回とやっているはずなのに、緊張しますよね。

自己紹介をするのって、初対面で第一印象を決めることが多いから、

  • 「失言して嫌われたらどうしようー!」
  • 「頭の悪いやつだと思われないかな…」
  • 「話しすぎだろ、空気読めよ…とか思われたらつらすぎる」
  • 「つまらない人と思われたくない!」

と思って、不安でドキドキしてしまうんですよね。

けど、これからご紹介する「コムケン流パズル式自己紹介」に当てはめれば、誰でも失敗のない好印象な自己紹介ができるようになります。

では、いってみようー!!

失敗しない自己紹介5つのポイント

自己紹介での【大きな失敗】とは、

  1. 持ち時間を意識せず話ししらけてしまう
  2. スタンス(立場)をわきまえず失言してしまう

この2点です!

この2つの失敗事例を含んだ自己紹介5つのポイントをご紹介していきますね!

ポイント① 持ち時間を意識する

持ち時間を意識することは非常に大切です。

ひとり一言の自己紹介お願いします!と言われた時に、長々と1人だけいつまでも話していたら「この人大丈夫かな?」と思われてしまいますよね。

このタイプはご年配の方に多い傾向あり。

反対に、じっくりと自分のことを話して欲しい場面で、たった一言で自己紹介を終わらせてしまったら「この人何か機嫌が悪いのかな?」と心配されてしまいます。

これも自己紹介あるあるです。

「(下を向きながら)…沢尻絵里といいます。え、趣味?別に、、、はい、よろしくお願いします。(不敵な笑み)」というタイプですね笑

本人は機嫌が悪いわけではないのですが、長めの自己紹介で極端に短い自己紹介をしてしまうと何だコイツと炎上…までいかなくとも大丈夫かなと思われてしまうわけです。

持ち時間に関する失敗をなくすためには、

  • ひと言
  • 1分

この2つの自己紹介パターンを用意しておけば大丈夫!

これまで自分がしてきた自己紹介を振り返ってみても、9割はこの長さではありませんでしたか?

就職活動の面接でも「1分で自己紹介・自己PRしてください」というのが定番だったはず。

きっちり指定された時間どおりに自己紹介をピタッ!と終わらせることだけでも、かなり評価されます。

持ち時間を必ず意識して自己紹介をするようにしましょう。

ポイント② 自分はどういう立場でここにいるのかを理解する

今、自分はどんな場面で自己紹介しているのか?

自分はどういう立場でここにいるのかを理解して自己紹介するようにしましょう。

たとえば、あなたが初めてホットヨガの教室に参加して最初に自己紹介するとします。

受講生として参加する訳ですから、あなたはお客さん=ゲストであるのである意味何を話しても良いわけです。

ホットヨガ教室に参加した動機などが先生やほかの受講生にも興味をもってもらえるネタの選択といえます。

だけど、もしあなたが先生の立場であれば、受講生に信頼してもらわないといけませんよね。

ここで自分の趣味や生い立ちなどヨガと関係ないことについて延々と話をしてしまったら、「早くヨガはじめようよー」と思われてしまいますし、「この先生大丈夫かな?違う教室通おうかな…」と思われてしまいます。

先生は受講生に満足してもらう迎える側=ホストですから、受講生を楽しませること、受講生を不愉快にさせないことが大切である立場なのです。

自分は今ゲストなのかホストなのかを意識し、その立場を間違えないこと。

これが自己紹介をするときに意識すべきスタンスです。

ポイント③ ハキハキ話す

会議, 演説, プレゼンテーション, 講義, スピーカー, 男

ハキハキといつもより少し大きな声で話すのが自己紹介の基本です。

ぼそぼそと小さい声で話して聞こえないというのが一番良くないパターン。

話をする時は実際の距離よりも少し相手が遠くにいることを意識して、声を届けるイメージで話をしましょう。

いつもより少し高い音で発声すると良いですよ。

電話口では少し高い声で話した方が好印象と言われますが、あのイメージです。

ドラえもんに出てくるのび太のママが「のび太ーっ!!今日もまだ宿題やってないの!」と怒り心頭だったのに、突然電話がかかってきて「はい、野比です!あらー♡奥様こんにちは!」

というあの変わりようを思い出してください。

あのときの、「あらー♡」はいっ!ここですね。

この音程、ドレミファソラシドの「ラ」を意識して話すと声がよく通るのだそう。

ポイント④ 笑顔を忘れない

笑顔は世界共通の好印象ポイント。

自己紹介の内容があまり面白くなくても、

「なんか、この人の笑顔いいな…」

と思ってもらえれば、相手に好かれるための自己紹介としては合格点です。

笑顔をつくるのが苦手という人がいるかもしれません。

笑顔をつくるのが苦手な方は自己紹介をする前に、トイレで鏡を見て少し「笑顔をつくる練習」をしてから自己紹介に臨むといいですよ。

「自然な笑顔をつくるのが苦手…」という方も多いと思います。

そんなあなたにオススメしたいのが、「ウンパニ体操」!

出典:SMILE LAB on WEB 

早稲田大学人間総合科学大学人間科学部助教で笑顔の研究者としてテレビや雑誌などで注目を集めている菅原徹先生が開発した、自然な笑顔をつくるためのエクササイズです。

これで事前に笑顔の練習しておけば、本番で自然な笑顔ができるようになります!

ポイント⑤ アイコンタクトをとる

アイコンタクトは人とコミュニケーションをとるときの基本です 。

自己紹介やプレゼンなど大勢の人の前で話をするときも一緒 。

目の前、右、左という3方向に視線を合わせるといいです。

笑顔とうなずきで相槌上手な人がいると思うので、そういう人を見るとこちらもリラックスしながら話すことができます。

アイコンタクトをせず、下を向きながら話すとなんだか自信がなさげに見えるものです。

堂々とハキハキ笑顔で話すのがポイント!

コムケン流パズル式自己紹介

パズル, 最後の粒子, 作品, 分界, 正確なフィット感, 最後の要素, 挿入

お待たせしました!ここからがコムケン流パズル式自己紹介の方法。

基本形は「①名前+②自己紹介ネタ+③スタンスにもとづく結びの挨拶」です。

①名前

名前は自分の名前です。

漢字まで伝えたい場合は少し補足を入れましょう。

たとえば、宮坂さんであれば、「お宮の宮に坂道の坂で宮坂です」のように相手に一発で理解してもらえる例文を用意しておくことをオススメします。

②自己紹介ネタ

自己紹介ネタは以下のようなものがあります。

・苗字や名前のルーツ

特に珍しい名前の人は有効です。

自分の苗字のルーツ(どこの地域に多い苗字なのか、ルーツとなる歴史上の偉人など)や苗字あるある(荻野目さんであれば、「洋子!?と言われますが、ダンス得意じゃありません笑」とか)について話をしてみましょう。

よくある苗字の場合でも、たとえば佐藤であれば、

「全国に約200万人いる佐藤一族の、佐藤です!」

「これまであなたは一体何人の佐藤にお会いしたことでしょう、まさかあなたのファースト佐藤ではありませんよね?笑」

のように話せば、ちょっと場が和みます。

・出身地

自分の出身県の名物、観光地などについて話をします。

特にレアな地方出身者は有効です。

わたしはまだ和歌山県出身の方にお会いしたことがありません。

自己紹介で「和歌山県出身です!」という方がいたら、その時点でわたしの心をキャッチ!笑

方言や珍しいお祭りなどその土地ならではネタは聞いている人に興味を持ってもらえるでしょう。

ただしマニアックな話題(地元で有名な寺にある仏像が非常に珍しくこれには歴史があり、むにゃむにゃ~~以下、省略。)になりすぎないこと。

・趣味や好きなこと

自己紹介の鉄板ネタですね。

自己紹介後にあなたに声をかけたくなるような、多くの人から共感される趣味や好きなこと話すようにしましょう。たとえば、趣味は食べ歩きと話をしたら、

「来週、原宿に行くんだけど、どこか美味しいパンケーキ屋さん、知ってる?というか、もし良かったら連れて行ってくれない?べ、別に、、デートとかじゃないからね!!勘違いしないで、バカ、シンジ!」

と赤髪の美しいい帰国子女から声をかけてもらえるかもしれません笑

・マイブーム

好きなことの中でも、特に今の自分がはまっている・熱中していること=マイブームについて話すと自然と笑顔も出てきて、楽しく話すことができます。

・エピソード

1分など長い自己紹介の時には、好きなことやマイブームなど 一言キーワードを入れるだけでなくエピソードとして話すようにしましょう。

たとえば好きなものがカレーであれば、最近自分が入ったお店の中で一番美味しかったカレーの話、こないだカレー祭りに行った話などをストーリーで話すと面白いです。

「おれが今まで生きてきたなかで、最も美味いカレー…俺史上最高のカレーとの奇跡的な出会いは3年前の嵐の夜だった…」

と急に語りモードに入ったら、「この人面白い!話聞いてみたい」って思いますよね。

ポイントはそのときの情景がわかるように相手に伝えること。

いまの例であれば、嵐の夜ということで、きっと風がビュービュー吹いて、雨がどしゃ降りというのが頭の中に浮かんできましたよね。

このように聞き手に一枚の絵を意識させるようにすると良いです。

天気や色や形などビジュアルをイメージさせる言葉を使うようにしましょう。

・自分の希少性

離島出身、6人兄弟の末っ子、実家がアイスクリーム屋さん、など自分の珍しい特性を話しましょう。

「レアな人」であると認識されれば、それだけ覚えられやすくなります。

③スタンスにもとづく結びの挨拶

最後は自分の立場スタンスに基づく締めの挨拶で自己紹介を終わらせましょう。

たとえば新入社員であれば 、

「今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願いします!」

のような 謙虚な姿勢が求められます。

仕事でお客さんに対する自己紹介であれば、
「ご不明点があれば、何でもお気軽にご連絡ください!よろしくお願いいたします!」
のようにお客様から信頼される一言がよいです。

スタンスを意識した〆の挨拶でしっかりした人と印象づけましょう。

自己紹介の例 テンプレート

10秒ver「名前+自己紹介ネタのキーワード+スタンスにもとづく結びの挨拶」

たとえば、

「新人の山田太郎ともうします。趣味は釣りとダイビングです。早く仕事に慣れるように頑張りますので、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。」

1分ver「名前+自己紹介ネタ+スタンスにもとづく結びの挨拶」

新人の山田太郎と申します。

出身は千葉県です 。

趣味はダイビングや釣りで最近は沖縄宮古島で泳いで来ました。

最近のマイブームは水族館に行くことです。

先日はサンシャイン水族館に行ってきてたくさんの魚を見てきました。

おすすめの水族館がある方は是非教えてくださいね 。

一週間前、初出勤の時はドキドキしていましたが、係長や先輩が、とても優しく仕事を教えてくれるので安心して毎日職場に来ています。

ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、早く職場に慣れ、戦力になれるように頑張りたいと思います。

これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

※ 1分よりも長い時間自己紹介をするときは、自己紹介ネタを対して掘り下げるようなエピソードを話す◎

まとめ 正しい自己紹介は1度覚えれば一生役に立つ

自己紹介は一生のうちに何度もする機会があります。

一度このパズル式自己紹介で自分の得意な方を覚えてしまえば、リラックスして魅力的な自己紹介ができますよ。

自己紹介はあなたの第一印象を決めるとても重要な挨拶。

自己紹介の後もそこにいる人たちとはお付き合いが続きますので、自己紹介後、あなたに話しかけたくなるようなネタを提供する、この意識でやるのがコツ!

ぜひあなたの魅力を最大限に発揮する自己紹介の型を身につけて、第一印象で好印象をゲットしちゃいましょう!

次の記事はこちら>>>【プレゼンのコツ】準備&実践で使える一流セミナー講師7つのテクニック

こちらの記事も人気>>>ちょい遅刻癖の心理&癖を克服した私の絶対待ち合わせに遅れない方法

【SNS「Holiday」最多入賞の旅・お出かけライター/30代サラリーマン作家】

好きなことで生きる決意→入社1日目「数年で会社辞めます」宣言し浮く挫折→会社&副業を両立し結果を出すスキル習得→20代で「紙の本、キンドル本出版」→世田谷の魅力、コスパ旅の楽しさ、駅近小さな家のライフスタイルを発信中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。