世田谷線★コスパグルメ

【たつみや 下高井戸】世田谷区内1番人気のたい焼き店

コムケン
コムケン
皆さん、「たい焼き」はお好きですか?わたしはたい焼きが大好きです。

特に冬、寒空の下で少し小腹が空いた状態で食べるたい焼きは最高ですね。

「今まで食べた中で1番美味しいたい焼きはどこかなー?」と考えたときに、パッと思いつくのが、世田谷区下高井戸にある「たつみや」のたい焼き。

たつみやのたい焼きは、皮のサクサクッとしたクリスピー食感と甘めのあんこで超美味い。

この記事では、そんな下高井戸たい焼きの名店「たつみや」の魅力をご紹介します!

「たつみや」は下高井戸日大通りにある居酒屋「たつみ」の姉妹店

世田谷で1番人気のたい焼き屋下高井戸「たつみや」は下高井戸に2店舗ある居酒屋「たつみ」の姉妹店。下高井戸駅から日本大学文理学部に向かってまっすぐのびる商店街「日大通り」の中間に「たつみや」はあります。

たい焼き「たつみ」は居酒屋「たつみ」本店と併設されています。

>>>【居酒屋たつみ本店 下高井戸】宴会コース料理のコスパが最高

老若男女問わず人気の「たつみや」のたい焼きは、冬には行列ができるほど。

これが「たつみや」のたい焼きだ!皮がクリスピー食感&あんこぎっしり

 

世田谷区でたいやきと言えば必ず名前があがる「たつみや」のたい焼きは、パリッと焼き上げられたサクサクの皮の中に、あんこが頭の先から尻尾までぎっしり詰まっているんです!

一度食べたらクセになるサクッとした食感が魅力的。

たくさん買って箱に入れてもらって手土産にするのも喜ばれますよ。

  • パリっと焼かれた皮は「たつみや」オリジナルの配合で作られている
  • 北海道十勝産の上質な小豆で作られてたあんこがぎっしり

「たつみや」のたい焼きは130円!種類はあんこ1種類のみ

下高井戸「たつみや」のたい焼きの値段は1つ130円(税込み)。めちゃめちゃ安いです!

あんこがぎっしり詰まって、大きさも通常より少し大きめで食べ応えばっちりなのに、130円はコスパよし。

「たつみや」のたい焼きの種類は「あんこ」のみ。クリームとかチョコレートなどはありません。味に自信があるから、あんこだけなんですね。

 

お土産用の化粧箱は(小)5~6個用が60円、(大)10~12個用が70円。

下高井戸「たつみや」のたい焼きは1つ1つ独立して焼いているいわゆる「天然物」ではなく、1度に複数焼く「養殖物」。だけど、めっちゃ美味い(‘ω’)ノ

「たつみや」はあんこ100g140円の販売もしている

下高井戸「たつみや」では、北海道十勝産のあんこ100g140円の販売を行っています。100gはトーストなら3枚分くらいです。

あんこを注文すると手際よく写真のようなビニールに入れてくれます。

「たつみや」であんこを買って、食パンにつけて、「あんバタートースト」を作るんですね。これがまた最高に美味しいんです!

「たつみや」のアクセス・営業時間ほか

アクセス:「たつみや」は下高井戸駅から日大文理学部へ行く商店街を真っ直ぐいった、交番の前です。5左路に面しているので、とてもわかりやすい立地。京王線・世田谷線下高井戸駅から徒歩4分。

営業時間:10:00~18:30

定休日:火曜日 ※夏期休業7月1日~9月上旬

真夏はたい焼きの販売をしていないので注意してください!

世田谷区内1番人気「たつみや」のたい焼きは「世田谷土産」に最適

「たつみや」のたい焼きはわたしが食べた中で1番美味しい王道のたい焼き。下高井戸駅からも近いので、

  • 途中下車してちょっと手土産に熱々のたい焼きを買っていく
  • 世田谷線散策のときのおやつとして
  • 自分にご褒美

など様々なシチュエーションで使えるお店です。

ぜひ、一度「世田谷土産」にも登録されている「たつみや」のたい焼き、ご賞味ください。

▼日大生必見!下高井戸で良コスパのランチ・飲み会するならこの記事をチェック

>>>【地元民が通う!】下高井戸ランチでおすすめの店4選

>>>【幹事さん必見】下高井戸でコスパ最強の飲み会するならこの4軒