新宿

【バンタイ】新宿でタイ料理といえばバンタイ!お得な「クーポン」あり

この記事では、「新宿でお得で美味しいタイ料理ランチを食べたい」という方におすすめな店「バンタイ」を1番お得に楽しむ方法をご紹介します。

バンタイはタイ政府公認レストランで30年以上の歴史を持つ老舗レストラン。わたしはもう何度バンタイに訪れているかわからないほどのヘビーユーザーです。

結論から言うと、バンタイが1番お得なのは平日ランチ!しかし、飲み会もあまり知られていない「クーポン」を使えば1番お得に楽しむことができます。

  • 新宿駅東口で美味しくてコスパ抜群のランチスポットが見つからない…
  • タイ料理が大好きな仲間とワイワイ美味しい料理で飲み会したい
  • タイに行ってタイ料理にハマったー!現地の味を日本でも食べたい

というあなたににぜひ、行って欲しいバンタイ、さっそくご紹介します!

バンタイは新宿駅東口から徒歩5分の老舗タイ料理屋

バンタイは1985年創業の老舗タイ料理レストラン。

歌舞伎町1番街のゲートをくぐってすぐの雑居ビル3階という怪しい立地にありながら、いつも混んでいる人気店です。

バンタイ入口の重厚感のある木製の扉は、「ここ、本当に入っていいの?」と一瞬入るのを躊躇しますが、勇気をもって入ればそこには本場タイの雰囲気が待っています。

木製の女性像の乳首をポチッと押すと、扉が開く・・・というようなことはなく、普通に入ればOKです。

これがバンタイのランチだ!

●パッチャオタレ―(シーフードの辛口炒め) 850円(税抜き)

こちらがバンタイのランチメニュー!この日は他の方が口コミでおすすめしていた「パッチャオタレ―」を注文。

イカ、エビ、ホタテがごろごろ入って美味しそうですね~♪ニンニクと唐辛子・ナンプラーの香り・パプリカの赤色が食欲を刺激します!

いただきまーす!

 

ぅ、美味い!!こいつは驚いた!

 

オイスターソース・ナンプラー・ニンニク・唐辛子を合わせたタレがめちゃくちゃ美味しい。シーフードの火入れも丁度良く、プリップリッです。

バンタイのライスはデフォルトは日本のお米。タイ米が良い方は+50円でタイ米に変更することができます。

 

●センミー・ナムガイ(鶏肉・スープ入り細ビーフン) 750円

こちらも初めて注文したスープ入り細ビーフン「センミーナムガイ」。

超極細ビーフンの「センミー」はシャキッとした食感。時間がたっても麺がそれほどのびることがなく最後まで美味しく食べれました。

センミーナムガイのスープは甘みのあるあっさりしたナンプラーベース。

上に乗った鶏肉もしっとりとやわらかく、パクチー、フライドオニオンとの相性も抜群でした。

タイのレストランでは定番の調味料4種類(ナンプラー、砂糖、酢、粉唐辛子)は卓上に備え付けられていませんが、スタッフに声をかけると持ってきてくれます。

バンタイのランチメニューは?

バンタイのランチメニューはこんな感じです。

定番のグリーンカレーやレッドカレーは780円。

バンタイは麺類も充実しています。

パッシーユー(太麺焼きビーフン)は1度食べたらハマって何度かリピしているメニューです(*´▽`*)

定食系メニューも豊富。ほんとにどれを頼もうか迷ってしまいます、それが楽しいんですけどね笑

バンタイのランチメニューは常時20種類+日替わり2種類と豊富。

ただし、タイ料理屋で定番のガパオライスとカオマンガイは通常ランチメニューにはありませんので、注意してください!

土日祝日はランチメニューを取り扱っていません。アラカルトメニューから選ぶことになり、コスパが悪くなりますので昼に行くなら平日をおすすめします。

バンタイのアラカルトメニュー

バンタイのアラカルトメニューはこんな感じ。これでもメニューのほんの一部。

赤いシールが1~3段階で辛さを表しています。

ドリンクメニューも充実。ドリンクのコスパはあまり高くはないです。

ディナーでバンタイに行くのなら、バンタイ公式ホームページに10%引きクーポンがあるので、プリントアウトし忘れずに持っていくようにしましょう!

>>>バンタイ公式ホームページでクーポンをもらう

バンタイは人気店ですので、クーポンを取得した後にきちんと事前予約することをおすすめします(‘ω’)ノ

>>>バンタイを予約する

>>>食べログでバンタイをみる

バンタイのおすすめポイント&注意点は?

  • ランチメニューが650円~とコスパが高く非常に美味しい
  • ランチメニューが22種類あり飽きない
  • アラカルトメニューも超豊富!どれを頼むか迷う
  • ランチタイムは禁煙
  • 店内が広くて本格的なタイ料理レストランの雰囲気
  • 生ビールはハートランド
  • 立地が歌舞伎町のど真ん中で、最初に女性一人で行くのは怖いかも
  • ちなみに隣はガールズバー、同ビルで1番目立つ看板は「熟女キャバクラ」笑
  • デフォルトは日本米、プラス50円でタイ米に変更できます
  • 通常ランチメニューではガパオライスとカオマンガイはない
  • 日本語が話せないタイ人スタッフもおり、オーダーが通っていないことも…(まあ、それも現地っぽいww)
  • 飲み会もおすすめだが、1人予算5,000円イメージで昼に比べコスパ落ちる

出典:バンタイ公式ホームページ

バンタイの口コミ・評判は?

新宿でタイ料理が頂きたくなるとコチラへ訪問します。
歌舞伎町のビルの中にあり、
初訪の時はここでいいの??と不安になりながら扉を開けましたが、
数回目ともなると慣れたものです。
12時過ぎでしたが、この日は待たずに案内されました。

2 ウンセンパッカイ 春雨と豚肉の卵炒め 730円(税抜き)
メニューに書いてある番号で注文します。
豚肉、ピーマン、パプリカ、玉子がたくさん入り、
ご飯はいらないくらいのボリューム。
タイ料理は辛くてクセのあるイメージがありますが、
春雨炒めはクセのない優しい味付け。
ご飯とも合いますが、私にとってはご飯はいらないくらいのボリューム。

サラダは辛さのないドレッシングで、
スープはラーメンのスープのような味。

友達のグリーンカレーは唐辛子マークが2つで、
久しぶりの刺激のあるお料理は辛かった・・・
でも、美味しくてご飯が進みました~

タピオカのデザートがついて700円台は安い~
安定した美味しさ+お手頃価格なので、
新宿でランチとなると新しいお店ではなくこちらへ訪問してしまいます。

ごちそうさまでした。

出典:食べログ

>>>バンタイの口コミ・評判をもっと見る

バンタイのアクセス・定休日ほか

関連ランキング:タイ料理 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

アクセス:新宿駅東口から徒歩5分

>>>バンタイを食べログでチェックする

 

●新宿駅からバンタイまでの超わかりやすい道順

①歌舞伎町一番街のゲートをくぐって30mほど進んだ左手の雑居ビル内にバンタイはあります。下の写真に、歌舞伎町一番街のゲートが見えますね。

②バンタイの看板にしたがって、エレベーターで3階に上がりましょう。

③最初にご紹介した重厚感のある怪しい木の扉がありますので、ここがバンタイです。

歌舞伎町一番街までは駅地下道の「新宿サブナード」を通っていくのが、雨の日も濡れずおすすめ。

歌舞伎町で映画を観る時のランチはバンタイで

もう美味しすぎて、ランチのコスパが高くて何度も通っているバンタイ。「歌舞伎町のTOHOシネマで映画を観る前にバンタイでランチ」はわたしの定番コース。

飲み会で使うのもおすすめですので、クーポンを忘れずに、人気店なので確実に予約してバンタイに出かけてみてくださいね~

>>>バンタイについて詳しくみる