飲食店オーナー向け

ゴーストレストランは儲かるのか?儲かる9つの理由と成功事例

ゴーストレストランは儲かるのか?儲かる9つの理由と成功事例
ゴーストレストランは儲かるの?
結論的には儲かります。

ゴーストレストランは、実店舗を持たずデリバリーを中心に営業すること。

Uber Eatsや出前館などで韓国チキンやタピオカなど○○専門店のお店が増えてますよね。

まさにあれがゴーストレストランで、居酒屋のほかネットカフェやガールズバー、ラブホテルなど飲食店以外にもさまざまな業種がゴーストレストラン事業に参入して副業として儲けています。

この記事では、ゴーストレストランをはじめたい、興味があるというショップオーナーの方向けにこんなことをまとめました。

  • そもそもゴーストレストランとは?
  • ゴーストレストランが儲かる9つの理由
  • ゴーストレストランの成功事例
  • ゴーストレストランのはじめ方
  • ゴーストレストランを開業するときの注意点

ゴーストレストラン経営で失敗したくない方はぜひご覧ください。

時間がない方のために、1番重要なことを最初にいいます。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためには“売れるゴーストレストランブランドを取り入れること”が最重要です。

このブランド選びで間違うと失敗しますので、東京チカラめしやわらび餅もとこなど売れるブランドを複数持つ株式会社バーチャルレストランのような会社にまずは相談しましょう。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

\全国Uber Eats出店1,800突破/

バーチャルレストランってどんな会社?株式会社バーチャルレストラン
株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしをデリバリーしたあの東京チカラめしともライセンス契約できる

デリバリーの売り上げをアップするためには、

  • 原価率をおさえ利益率をあげる
  • オペレーションを簡単にする
  • SNS映えするメニュー開発

など「勝つための戦略」が不可欠です。

マネーの虎の南原社長も絶賛の会社“株式会社バーチャルレストラン”はこれまで1,800を超えるゴーストレストランの出店をサポート。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためにまずは無料相談してみましょう。

※お問い合わせは“世田谷ローカルみた!”。

【無料相談はこちら

公式ページをみる問い合わせる

※UberEatsは最短2週間で掲載

※お問い合わせが殺到しており、直近でのご予約が取りづらい可能性がございます。

バーチャルレストランってどんな会社?クチコミ・評判をどこよりも詳しく調査した

▶︎ゴーストレストランについてよくわかるサイト“ゴーストレストラン.navi

ゴーストレストランとは?

ゴーストレストランのデメリットは?

ゴーストレストランとは、お店を持たず店内にお客さんを入れて食事を提供はせず、Uber Eatsなどデリバリーサービスで注文を受け、配達するシステム。

海外ではダークストア、バーチャルキッチン、クラウドキッチン、ゴーストキッチンと呼ばれることもあります。

2016年以降、下記のデリバリーサービスが増えたことや新型コロナウイルスの影響で実店舗にお客さんが来ないことを理由にゴーストレストランが急増しました。

  • Uber Eats
  • 出前館
  • menu
  • Wolt
  • Door dash etc…

日本では2019年頃のタピオカ・韓国チキンブームで一気にゴーストレストランが増えました。

ゴーストレストランはせまいスペースで済む分、家賃がより安い物件で営業し、経費を抑えることができる、つまり利益率が高く儲かるビジネスとして近年、日本でも注目されています。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

ゴーストレストランが儲かる9つの理由

ゴーストレストランのメリットは?

ゴーストレストランが儲かる9つの理由はこちら。

  1. 開店初期費用が安い
  2. 利益率が高い
  3. 営業自粛宣言等の影響を受けにくい
  4. 接客の手間がない
  5. 接客のスタッフ教育が不要
  6. ワンオペ可能
  7. 狭いキッチンでも調理可能
  8. 雨の日にデリバリー注文が入りやすい
  9. デリバリーアプリへの登録がお店PRになる

ゴーストレストランが儲かる1番の理由は「コストが低く利益率が高いこと」。

飲食店を経営する上で3大コストがあって、それは家賃、人件費、材料費です。

ゴーストレストランはこの3大コストがめちゃくちゃ安い。

お店を持たないから家賃・テナント料はゼロ。

からあげ→揚げるだけ、タピオカ→注ぐだけのようにカンタンに作れるからワンオペが可能で人件費を大幅に削減、材料費も原価率25%ほどに抑えています。

ゴーストレストランのビジネスモデルはマネーの虎で有名な南原竜樹社長や、令和の虎で有名な竹之内社長も超おすすめな最新ビジネスとして紹介しています。

実際、アメリカやイギリス、中国、シンガポールなど海外ですでにゴーストレストランは伸びまくっているので、その流れが遅れて日本に入ってきているわけですね。

だからこそ、ゴーストレストランは勝算が高いビジネスモデルなのです。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

ゴーストレストランが儲かる成功事例

ゴーストレストランが儲かる成功事例を2つご紹介します。

クリスピーチキンアンドトマト

ゴーストレストランブランドとして1番成功していると言っても過言ではないのが、株式会社E-MATEによる韓国チキンブランド「CRISPY CHICKEN n’ TOMATO」。

2年間で全国250店舗に展開しています。

実際に注文してクリスピーチキンアンドトマトを食べてみましたが、まず箱とかパッケージ類が可愛くてデザインがポップなんですよね。

ここにデリバリーならではのエンタメ性があるのが人気の秘密だと感じました。

味もサクサククリスピー食感のチキンにさまざまなソース。

色々な種類のソースがあるので、つい全種類試してみたくなります、ソースで利益をあげている部分が大いにあると思いました。

他のゴーストレストラン韓国チキンブランドも5種類以上食べていますが、クリスピーチキンアンドトマトのソースが1番美味しくて、これは売れるな…と感じましたね。

究極のブロッコリー&鶏むね肉

株式会社DORAYAKIが運営するブランド“究極のブロッコリー&鶏むね肉(QBT)”もテレビ出演などで超有名になりました。

QBTができてから、この商品を真似るゴーストレストランブランドが続出しましたね。

 

実際に注文して食べてみましたが、ほのかに味がついていて食べやすかったです。

先ほどご紹介したクリスピーチキンアンドトマト同様にソース(ドレッシング)の種類が豊富で、やはりソースで稼いでいる部分も大きいです。

2022年3月22日には「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を運営する株式会社DORAYAKIとYouTuberのヒカル率いる株式会社ReZARDが資本業務提携に合意するなど、今後の展開も期待されます。

じゃあこの2つにフランチャイズ加盟すれば儲かるってこと?
そこは注意が必要です。

クリスピーチキンアンドトマトも究極のブロッコリーと鶏胸肉も知名度があって、売れるゴーストレストランブランドなのですが、売れすぎて飽和状態といえます。

同じお店が増えるということは配達エリアも被ってしまって、同じブランド同士でライバルとなって売上が減ってしまう危険性があるわけです。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

ゴーストレストランが儲からない理由

ゴーストレストランは儲からないと言っているネット記事やSNSについて調べてみました。

ゴーストレストランは儲からない理由としては“無名なゴーストレストランブランドだと注文が入らない”から。

たしかに、これはその通りだと思います。

だからこそ、ゴーストレストランで儲けるためには、売れるゴーストレストランブランドをいかに見つけるかが最重要です。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

ゴーストレストランで儲けるオススメブランド

2022年4月現在、ゴーストレストランで儲けるためのオススメブランドをご紹介します。

東京チカラめし

株式会社バーチャルレストランの東京チカラめし

東京チカラめしは2000年代に日本で100店舗以上に拡大した伝説的な牛丼チェーン。

“元祖焼き牛丼”を提供し、大人気でした。

しかし、この注文が入ってから焼くスタイルは作るのに時間・手間がかかることからオペレーションの部分で回らなくなって、急速に衰退。

2022年4月現在、日本で3店舗になってしまいましたが、香港で人気が再沸騰中。

あの東京チカラめしがゴーストレストランブランドとして復活しているんです。

株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしをデリバリーした

実際にデリバリーしてみました。

komuken
komuken
このロゴ、懐かしい〜!また出会えるとは。
yucco
yucco
私は今回チカラめしデビュー!
株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしのネギ玉焼き牛丼

小田急線梅ヶ丘駅前にあった東京チカラめしが懐かしく、久しぶりにデリバリーで食べてみたのですが、やっぱり美味いですね。

株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしの元祖焼き牛丼

甘辛なタレと焼いた肉の香ばしさがたまりませんっ!

「東京チカラめし」を知っている人は潜在的にかなり多く、いまなお熱烈なファンもいるので、デリバリーで出てきたらかなりの注文数が見込めるでしょう。

komuken
komuken
以前よりもパワーアップしている気がしました!

>>>東京チカラめしを導入する

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

わらび餅もとこ

株式会社バーチャルレストランのわらび餅もとこ

わらび餅もとこは和菓子の聖地 巣鴨で15年続くわらび餅専門店。

株式会社バーチャルレストランのわらび餅もとこ 株式会社バーチャルレストランのわらび餅もとこ

プルプルでみずみずしいのが特徴の特製わらび餅は唯一無二のおいしさ。

株式会社バーチャルレストランのわらび餅もとこ

私も新宿店からデリバリーして食べたことがあるのですが、非常においしくて感動しました。

yucco
yucco
弾力がすごい!
komuken
komuken
みずみずしいんだよね〜!うぐいす餅も美味しい。

口コミ評判を見ても、どの店舗も高評価となっている人気ブランド。

>>>わらび餅もとこを導入する

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

韓国ワッフル クレイジーワッフル

株式会社バーチャルレストランのクレイジーワッフル

クレイジーワッフルは韓国風ワッフルの専門店で、バーチャルレストランの中でも最近特に人気があるブランド。

韓国風ワッフルはサクサク食感の薄いワッフルに、生クリームやフルーツをサンドしたワッフル。

スタートして1年で100店舗を超えています。

クレイジーワッフルのマンゴーミルククリームマンゴーミルククリームがマンゴーがゴロゴロ
クレイジーワッフルのオレオヌテラクレイジーワッフルのオレオヌテラ

サクッもちとした生地とミルククリーム、マンゴーの酸味があう!

人気のオレオ&ヌテラクリームはサクサクしたオレオの食感とヌテラの甘さがいい。

パーティ感があって人気の理由がわかりました!

スイーツ系は得に居酒屋がアイドルタイムに導入して売り上げを伸ばすケースが多いのだそう。

>>>クレイジーワッフルを導入する

やはり、こうした知名度があるブランドや、韓国グルメなどブームに乗ったゴーストレストランブランドが成功確率が高いといえるでしょう。

東京チカラめし、わらび餅もとこ、クレイジーワッフルは、成功事例で紹介したクリスピーチキンアンドトマトや究極のブロッコリー&鶏胸肉ほど店舗数が多くないので、これから導入するチャンスです。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /

ゴーストレストランで儲けよう

繰り返しますが、ゴーストレストランで儲けるためには、良いゴーストレストランブランドを導入することが必要不可欠です。

無名のゴーストレストランブランドや、配達エリアでニーズがないメニューのブランドを導入してしまうと注文が全く入らず儲からない…と失敗し損してしまいます。

そうした失敗をしないために、まずは実績を出しているゴーストレストラン会社に無料相談をしてみましょう。

じつはオススメのゴーストレストランブランドとして紹介した

  • 東京チカラめし
  • わらび餅もとこ
  • 韓国ワッフル クレイジーワッフル

の3つのブランドは株式会社バーチャルレストランという会社が行っています。

実際に食べてみて、ちゃんと美味しいデリバリーグルメを作り上げていて信頼できる会社だと思いました。

ゴーストレストランを始めたいというショップオーナーの方は、ぜひこのポイントを見極めて本当に信頼できるブランドを取り入れるようにしましょう。

株式会社バーチャルレストランの中で、取り入れたいブランドをまずは自分で食べて納得してから導入することも非常に大切。

試食などもできるので、バーチャルレストランの加盟店になりたいオーナーは、まずは公式ページから問い合わせをしてみましょう。

※お問い合わせは最初に“世田谷ローカルみた”がスムーズ!

担当 式会社バーチャルレストラン広報担当
電話 03-4500-7507
E-Mail contact@virtual-restaurant.co.jp

公式サイト内に加盟店募集のページがありますので、詳しくはお問い合わせください。

\ 問い合わせは“世田谷ローカルみた!” /