NEWS

ショック…ぱんやのパングワンが11月30日で閉店休業

コムケン
コムケン
先日、(10月26日)前から気になっていた三軒茶屋の人気パン屋さん「パングワン」に行ってみたんです。

 

そしたら、店内にこんな張り紙が…

ま、まじか…。パングワンは人気のあるお店なだけに閉店休業はショックでした。現場で仕入れた情報をお伝えします。

 

三軒茶屋ぱんやのパングワンとは?

三軒茶屋駅から徒歩2分、国道246を渡ってミスタードーナツのすぐ裏にある「ぱんやのパングワン」。

 

ぱんやのパングワンは、じつは三軒茶屋で1番古いパン屋。

1903年創業で110年以上の歴史があります。もとは「精養堂」という名前でやっていましたが、5年前に「パングワン」としてリニューアルしました。

お店の方に伺ったのですが、松陰神社前にある「ニコラス精養堂」とは親戚なのだそう。

 

1番人気のパンは店名と同じ「パングワン」。パングワンはフランス語でペンギン意味。

 

ナチュラルな雰囲気のイートインスペースは、テラス席もありいつも大人気。

オーナーがペンギン好きだそうで、店内にはペンギングッズがいっぱい。

 

パングワン閉店の理由

が、しかし、2018年11月30日をもってパングワンは閉店休業。

閉店休業の理由は張り紙をみると、「人手不足」「職人の体調不良」とのこと。三軒茶屋地域に住む地元民から話を聞いてみたのですが、たしかにメインの職人さんはご高齢なのだとか…

 

コムケン
コムケン
良い店見つけた!と思った矢先だったのでとっても残念…

けど、完全に閉店ではなく「閉店休業」で「縮小経営」も考えていると張り紙に書いてあるので、パングワンの復活をみんなで願いましょう!