おでかけプラン

バンコクで絶対行くべき激旨レストランまとめ

komuken
komuken
どもー!激ウマコスパグルメが大好きなコムケンです! 

この記事では、2018年秋にタイのバンコクに旅行したのですが、その時に実際に行ってきた激旨レストランをご紹介します!

観光客から大人気の定番から地元民が集うようなローカル店まで紹介するので、バンコクでレストランを探す際の参考にしてみてくださいね。

▼バンコク旅行で泊まったシェラトン が最高でした

バンコクおすすめホテルならオーキッドシェラトン!朝食、プール、スパまで徹底解説 はじめてのバンコク旅行でシェラトンに泊まったのですが、最高でいい思い出になりました。 王宮やワット・ポーなど主...

 

ソンブーン サイアム・スクエア・ワン店のプーパッポンカレー

ソンブーン サイアム・スクエア・ワン店のプーパッポンカレー

タイ料理で必ず食べたいメニューといえば「プーパッポンカレー(蟹カレー)」ではないでしょうか?

激ウマプーパッポンカレーの元祖が「ソンブーン」という店。バンコク地元民からも大人気でバンコク内に8店舗を展開しています。

komuken
komuken
カニが殻ごとごろごろ入り、ふわふわの卵とマッチして最高。

>>>ソンブーン公式ページをみる

ソンブーン サイアム・スクエア・ワン店のカニチャーハン

カニチャーハンと合わせて食べると、蟹の風味がさらにアップ!

 

ソンブーン サイアム・スクエア・ワン店は行列ができる人気店

ソンブーン・サイアム・スクエア・ワン店はサイアム駅直結のショッピングモール「サイアムスクエア」の中にあるのでアクセス良好。

伺った日は金曜日の20時頃でしたが、地元民で混んでおり40分ほど待ちました。入り口にチケット発券機があるので、チケットを自分でとって、電光掲示板に自分の番号が出てコールされたら入れるという仕組み。

ソンブーン サイアム・スクエア・ワン店の店内の様子

ソンブーン・サイアム・スクエア・ワン店のアクセス

yucco
yucco
サイアム駅から徒歩2分。ショッピングモール「サイアムスクエアワン」内の日本食レストランが集まる4階の中にあります。

トム・ヤム・クン(スーパーフロウ・ビーチ・クラブ)のトムヤムクン

トム・ヤム・クン(スーパーフロウ・ビーチ・クラブ)

タイ料理の代名詞的存在とえば「トムヤムクン」!

バンコク最高と言われている店が、ともにカオサンロードにある「バーンラムプー」と「トム・ヤム・クン」。

komuken
komuken
今回はきれいめな「トム・ヤム・クン」を伺いました。
トム・ヤム・クン(スーパーフロウ・ビーチ・クラブ)の大きなえび

レモングラスなどハーブで香り豊かな仕上がり。大きな海老が3尾入って豪華です!

komuken
komuken
350バーツとちょっと高級ですが、エビをたくさん使っているから、まあいいか。

 

トム・ヤム・クン(スーパーフロウ・ビーチ・クラブ)の店内の様子

開放感ある店内は風が通り抜けて気持ちいい!

 

トム・ヤム・クン(スーパーフロウ・ビーチ・クラブ)のテラス席

欧米系の観光客が多い店でした。休憩用のカフェとして使うだけでも楽しいお店です。

 

トム・ヤム・クン(スーパーフロウ・ビーチ・クラブ)はカオサン通り沿い

カオサンロードといえば、沢木耕太郎の『深夜特急』にも登場したバックパッカーの聖地。

レストラン「トム・ヤム・クン」はもともと「スーパーフロウ・ビーチ・クラブ」の奥にあるレストランだったのですが、現在は「スーパーフロウ・ビーチ・クラブ」内でその料理を食べることができるようになったようです。

▼スーパーフロウ・ビーチ・クラブのアクセス

yucco
yucco
王宮を見学した後に、歩いていきました。帰りは船着き場「プラ・アーティット」まで徒歩で15分くらい歩きました。

カオサンロードはどの駅からも遠いのでタクシーで行くことをおすすめします。

ロビンソンデパート フードコートのソムタム

ロビンソンデパート フードコートのソムタム

フードコートは屋台並みに安くてしかも清潔にローカルフードを食べることができおすすめ。

 

komuken
komuken

ロビンソンデパート内の4階にあるフードコートで1番美味しかったのが「ソムタム」。

青パパイヤのシャキシャキ感が日本とは全然違いました。

 

ロビンソンデパート フードコート

ソムタム専用の壺のようなものでコブミカンや唐辛子をつぶし、目の前でソムタムを作ってくれます。

  • ソムタムを作るときに「辛さ」を聞かれ、「少し」と答えましたが、けっこう辛かったですので、辛いのが苦手な方は「No Hot」など簡単な英語で辛さを弱めてもらいましょう。
  • 日本のイメージでフードコートは地下にあると思っていたら全然見つからず…4階なので注意しましょう!

ロビンソンデパートのフードコートは入口で専用のカード(100バーツ)を買って、お店ではそのカードで支払う仕組み。2枚を合算することもできるし、余った分は最後に返金してもらえるので安心です。

▼サバーン・タクシン駅近くロビンソンデパートのアクセス

yucco
yucco
サバーン・タクシン駅から徒歩3分。ルーフトップバーで有名なホテル「ルブア」に行く途中にあります。

アジアティーク・ザ・リバーフロントのカレービーフン

アジアティーク・ザ・リバーフロントの観覧車

チャオプラヤー川沿いにある倉庫を改装した人気のショッピングモール「アジアティーク・ザ・リバーフロント」。

yucco
yucco
ニューハーフショーが観れる劇場や観覧車など超観光客向けのスポット。全体的に清潔感があり、レストランも多いので気に入った店でゆったりと食事できます。

 

アジアティーク・ザ・リバーフロントのシンガポールカレービーフン

美味しかったのが「シンガポール風カレービーフン」。もはや、タイ料理なのか??という感じですが、美味かったです!笑

 

アジアティーク・ザ・リバーフロントのソフトシェルクラブガーリック揚げ

ソフトシェルクラブのガーリック揚げ、ビールとの相性が最高!

 

アジアティーク・ザ・リバーフロントのWELL DONE

アジアティークリバーフロントの観覧車からほど近い「WELL DONE」というお店でした。お客さんがたくさん入っているところが当たり率が高いです!

 

アジアティーク・ザ・リバーフロントの船着場

サバーンタクシン駅直結の船着き場「サートーン」への無料送迎船は混雑しますが、15分ほどの待ち時間で乗ることができました。

▼アジアティークへのアクセス

komuken
komuken
「サートーン」からアジアティークへは無料のシャトルボートが出ていますので、それを使うのが便利。無料ボートがない時間帯でも30~50バーツの料金でアジアティークまで行く船が常にでています。

シロッコ スカイバー

シロッコ スカイバー

「ルブア」というホテルにあるルーフトップバーは映画『ハングオーバー2』のロケ地としても有名。

yucco
yucco
夜景と開放感が最高なので、ぜひ訪れてみてください!ただ値段は超高いです。

まず最初に案内されるのが、スカイバーとは別のシャンパンバーでこちらはなんと最低価格が1杯2300バーツ(約7,500円)します!

案内されたら、「more reasonable bar」といえば、スカイバーを案内されるでしょう。ただし、スカイバーでもカクテルの最低価格が850バーツ(約2,800円)するので、雰囲気だけ味わって帰るのもありかと…

▼シロッコ スカイバーのアクセス

komuken
komuken
サバーンタクシン駅から徒歩7分。大通りをまっすぐ歩けば見つかるはず。

マンゴーツリーのカーオ・ニアオ・マムアン

マンゴーツリーのカーオ・ニアオ・マムアン

タイで絶対に食べたいのがマンゴースイーツですよね!

アジアティーク内の「マンゴータンゴ」で食べようと思っていたのですが、忘れてしまっていました…そんな時に、最後の砦となるのがスワンナプーム空港内のチェックイン後にある「マンゴーツリー」。

yucco
yucco
【カーオ・ニアオ・マムアン】は完熟マンゴーと、ココナッツミルクで炊いたもち米のミルクがけという日本では珍しいマンゴースイーツは新感覚スイーツでした!
マンゴーツリーのビーフン

食事系メニューやカクテルも充実しているので、飛行機に乗る前の最後のタイ料理を食べるのに最適です。

 

スワンナプーム空港内の様子

▼マンゴツリーへのアクセス

スワンナプーム空港内コンコースBまたはコンコースD

バンコクで絶対食べたいタイ料理を狙い撃ちして最高の旅にしよう

「プーパッポンカレーはこの店、トム・ヤム・クンはこの店!」など食べたい料理によってお店を決めていくと、間違いなく美味しいグルメに出会うことができますよ。

次の連休は最高のタイ料理に出会うバンコク旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

P.S

あ、ちなみに私が2018年8月にバンコクを訪れた時はタイ国際航空を使い、高級ホテル「ロイヤルオーキッドシェラトン」に3泊で78,800円〜でした。

バンコクおすすめホテルならオーキッドシェラトン!朝食、プール、スパまで徹底解説 はじめてのバンコク旅行でシェラトンに泊まったのですが、最高でいい思い出になりました。 王宮やワット・ポーなど主...

LCCを使ってもっと格安ホテルに宿泊すれば、3泊で38,800円〜というツアーもありますよ!