節約

【旅費節約術|食費編】現役旅ライターが教えるコツ5選

コムケン
コムケン
旅行って、外食が多くなって食費がかかりますよね。

今回は現役旅ライターをしている私が「食費の節約の仕方」についてご紹介します。

☆Holidayプランコンテスト入賞歴をご覧になりたい方はこちら。

わたしは1カ月に1度は旅行に行っていますが、これだけたくさんの旅行に行くことができるのは、ズバリ「食費をうかせている」から。

この記事では、その旅のテクニックを余すことなくご紹介しますね!

食費節約術① 素泊まりプランを利用する

「素泊まりプラン」は私が紹介する旅行費節約術で鉄板のテクニック。

素泊まりにすればかなりの旅費を節約することができます。

では、素泊まりプランの時の食事はどうしたらいいのか?

この後のテクニックでご紹介します。

食費節約術② スーパーマーケットを利用する

食料品店, スーパーマーケット, 野菜, ショップ, トマト, フルーツ

朝食無しの素泊まりプランだと、いつも食事はどうしているのか?

我が家ではスーパーマーケットを利用することが多いです。

「スーパーに行くなんて、旅行なのに貧乏くさいなあー」と思う方もいるかもしれませんが、ご当地スーパーマーケットに行くのって面白いんですよ。よく、海外旅行に行った時にスーパーマーケットに行きませんか?あの感覚です。

ホテルにチェックインする前に地元のスーパーマーケットで、部屋で食べる夕食を買うことが多いです。地元のスーパーマーケットに行くメリットとしては…

  • その土地の食文化がわかる
  • その土地の物価も分かります
  • 地元の人がたくさんいて普段の様子が分かる
  • ご当地スーパーならではのお惣菜が美味しい
  • その土地にしか売ってない限定商品に出合える
  • お土産屋よりも安価でお土産を買える

 

たとえば、宮古島ではスーパー「サンエー」に行きました。

サンエーのお惣菜、ジューシー(沖縄の混ぜご飯)、グルクンの唐揚げが最高に美味しかったです!また、特産のもずく、泡盛なども地元価格で買うことができました。

 

スーパーを使えば、夕食1人あたり飲み代込みで予算1000円あればかなり豪遊できます。

ホテルに戻って部屋で食べれば、

  • 時間を気にせず
  • 周りの人を気にせず
  • 喫煙者もいない
  • 飲みすぎてもそのままベッドに寝れる

などのメリットも。スーパーマーケット、ぜひ活用してみてくださいね!

コンビニを使うと節約にならないので、「スーパーマーケット」を使いましょう

食費節約術③ レストランのテイクアウトメニューを利用する

寿司, 和食, サケ, うなぎ, 回, 魚, 食糧, おいしい, マグロ

「せっかく旅行に来たのにスーパーマーケットだけじゃちょっと味気ないなあー」とも思いますよね。

そういう時は、レストランのテイクアウトメニューを利用しましょう。

我が家では、

  • 寿司
  • 中華料理(餃子や春巻き、酢豚など)
  • デリ(生ハム、レバーパテ、サラダ)

などをよくレストランでテイクアウトして持ち込むことが多いです。

レストランのテイクアウトメニューとスーパーマーケットで買った食材を組み合わせると部屋食でも豪華な夕飯になりますよ。レストランで食事するときに、お金がかかってしまうのはドリンク代ですよね。

部屋で食べれば、お酒はスーパーマーケットで買えば原価しかかかりませんので、格安で飲むことができます。

食費節約術④ 朝食は地元で評判のパン屋に行く

朝食, 健康, オレンジジュース, オリーブ, チーズ, トマト, パン

素泊まりプランにした時に、朝食はどうするのか?

わたしはよく地元で評判のパン屋に行きます。朝、焼き立てのパンを買いにちょっと散歩に行くのです。

美味しかったのは長野県の松本駅前で東急ホテルに泊まったのですが、駅前にあるパン屋「ベーカリームラタ」のコッペパンは最高に美味しかったですね。

しかし、繁華街であれば、パン屋はすぐに見つかるのですが、山の中のホテルでは、こうもいかないですよね。その場合は、前日まちで美味しいパン屋さんでパンを買っておきます。

紅茶のティーバックやドリップコーヒーを持っていれば、部屋でお湯を沸かすだけで美味しいパンと紅茶の素敵なモーニングになりますよ。

食費節約術⑤ 朝食バイキングの時は昼食を食べない

朝食バイキング付きのホテルの場合は、 朝食をたくさん食べるため朝昼兼用のブランチとしています。そうすれば昼食代がよくうきます。

テクニックは上手に使えたのは東京ディズニーランドに行くときに「変なホテル舞浜東京ベイ」に前泊した時のこと。

 

 

「ホテル舞浜東京ベイ」には朝食バイキングがありますが、 ここで朝ごはんをたくさん食べてからディズニーランドに行ったために、パーク内であまり食費がかからなかったことがあります。

お昼に食べたいモノがある場合は使えないテクニックですが、お昼を移動時間として使う場合にも、便利なテクです。

旅行での食費節約のポイントは「部屋食」

【旅費節約術|食費編】ホリデーおでかけコンテスト最多入賞者が教えるコツ、あらためておさらいです。

  • 食費節約術 食事なし素泊まりプランを利用する
  • 食費節約術 スーパーマーケットを利用する
  • 食費節約術 レストランのテイクアウトメニューを利用する
  • 食費節約術 朝食は地元で評判のパン屋に行く
  • 食費節約術 朝食バイキングの時は昼食を食べない
  • まとめ:旅行における食費節約のポイントは「部屋食」

 

旅行における食費削減のポイントは、外食を減らしてその分を部屋食とすること。

ただずっと部屋食も飽きてしまいますので、たまにリッチにレストランで食べるなどしましょう。要するに旅行における節約は「メリハリ」が大事!ってこと。上手に節約して旅行を楽しんでくださいね!