グルメ

【世田谷百貨店 上町】おしゃれ生活雑貨が買えるカフェ!イベントも実施

yucca
yucca
世田谷百貨店っていうおしゃれな雑貨屋兼カフェが上町オオゼキの隣にオープンしたよ! 
コムケン
コムケン
世田谷百貨店…すごい名前だね!しかも世田谷で力を誇るスーパーオオゼキの隣にできたっていうのがちょっと面白いな~ 

この記事では、上町にできた「世田谷百貨店」をご紹介します!

世田谷百貨店ってどんなお店?

世田谷百貨店の外観

世田谷百貨店は

  • カフェ
  • 生活雑貨のセレクトショップ
  • ワークショップができるイベントスペース

これらの要素をあわせ持つ面白いお店。

>>>世田谷百貨店公式ページはこちら

 

世田谷百貨店の店内

レジの様子。

 

店内に入ると様々なおしゃれ生活雑貨を販売しています。

 

コムケン
コムケン

いまふと思ったんだけど、カフェだと飲食目的でしか入店ができないけど、こうやって雑貨を置けばウィンドウショッピングだとしてもお店に入りやすいっていうのがあるね。

お店側にとってもお客さん側にとっても嬉しいこと。このスタイル、いま世田谷で流行ってきてるな。

 

 

店内はそれほど広くないと思いきや、奥にも部屋があって大きなテーブルあり。

 

これが、世田谷百貨店のカフェラテだ!

●カフェラテ 540円

カフェラテをテイクアウトしました。ポップなイラストが「映え」ます。

イラストはイラストレーターのタケウチアツシさん。

>>>タケウチアツシさんのインスタはこちら

チャン
チャン
店内の壁にもイラストが描かれていてキュート♡

 

世田谷百貨店のメニュー

アメリカ―ノが432円、カフェラテが540円と全体的に相場よりも少し高め。

フードメニューはトースト、パイ、ホットサンド、ソーセージなどがあります。

 

世田谷百貨店で売っている生活雑貨

世田谷百貨店で販売している商品をご紹介。ジャムやドレッシング、ドライフルーツなどの日持ちする食料品を売っています。生鮮食品はないです。

 

Tシャツやバッグなどは入り口側窓際においてあります。

 

さらに調理器具や食器類・・・

 

おしゃれなネクタイも・・・

 

世田谷百貨店オリジナルチョコレートも販売。

コムケン
コムケン
まさに「百貨店」。ちょっとしたプレゼントやお土産を買うのに便利です! 

 

世田谷百貨店のおすすめポイント&注意点

  • ポップなイラストでおしゃれな空間
  • スタッフが親切
  • ワークショップを多数行いすでにファンが付いている感じ
  • おしゃれな生活雑貨を販売
  • 店内は意外と広い
  • ドリンクなど全体的に少し高め
  • 駐車場・駐輪スペースなし(隣に車と自転車のコインパーキングあり。自己判断でオオゼキやむかいにある銀行に駐輪するのもありかと)

 

世田谷百貨店の口コミ・評判

  • 店員さんがとてもフレンドリーで親切。チャイルドフレンドリーな雰囲気も良いですね。
  • 上町に9月にオープンした洒落た店。家族連れや若者人気のカフェ。

出典:グーグルの口コミ

 

世田谷百貨店のアクセス・営業時間ほか

アクセス:世田谷線「上町駅」から徒歩1分

営業時間:9時~19時

定休日:木曜日

>>>世田谷百貨店のインスタはこちら

▼世田谷百貨店(上町駅)の近くのおすすめグルメスポット

【サイゴン 上町】世田谷線ビューのベトナム料理屋サイゴン/上町の情報は「世田谷ローカル」でチェック!カレーやフォーなど本格的なエスニック料理が美味しいベトナム料理屋。世田谷線ビューの店内は雰囲気がよく飲み放題メニューも充実。地元民おすすめ店です。...

>>>【サイゴン 上町】世田谷線ビューの飲み会に使える店

【サンセリテ 上町】天然酵母の白桃ヨーグルトパンが絶品!サンセリテ/上町の情報は「世田谷ローカル」でチェック!「ヒルナンデス!」で紹介されたザクトロや白桃ヨーグルトパン絶品。天然酵母を使ったパンが美味しくてリーズナブルで地元民おすすめの穴場です。...

>>>【サンセリテ 上町】天然酵母の白桃ヨーグルトパンが絶品!

ボロ市や世田谷線沿線カフェめぐりするときは世田谷百貨店によってみよう

毎年12月15,16日、1月15,16日に行われるせたがやの「ボロ市」。上町はその最寄り駅なので、ボロ市が行われるときにぜひ世田谷百貨店にも立ち寄ってみてくださいね!

そうそう、このあたりは世田谷線山下駅~松陰神社前まではカフェ激戦区です。世田谷線1日乗車券を買って、沿線カフェめぐりをするのもおすすめですよ~!

▼アド街&ボロ市特集記事はこちら

>>>アド街「松陰神社前」に出そうなお店を予想してみた!地元民が商店街の魅力を徹底解説

>>>ボロ市だけじゃない!世田谷「上町」に行くべき7つの魅力