世田谷線★コスパグルメ

【Whim Sake & Tapas 三軒茶屋】どぶろく醸造所併設のバーがオープン!

コムケン
コムケン
三軒茶屋にどぶろく醸造所併設のバーがオープンしたという情報をゲットしたので、ちょっと様子をのぞいてきました!

Whim Sake & Tapas ってどんなお店?

 

Whim Sake & Tapas 三軒茶屋は三軒茶屋の栄通り商店街を200mほど進んだところにあるどぶろく醸造所併設のバー。2018年の7月28日にオープンしました。

 

自社醸造所〈WAKAZE三軒茶屋醸造所〉と併設バー〈Whim(ウィム) Sake & Tapas〉は山形県鶴岡市のベンチャー企業、WAKAZEが運営。

醸造所で作ったできたてのどぶろくを、バーで山形県庄内地方の食材を使った小皿料理とともに楽しむことができるというスポット。

 

Whim Sake & Tapas のメニュー

店頭にあった黒板メニュー。自家製どぶろくは650円、フードメニューは1品700円前後が多いみたい。

 

Whim Sake & Tapas の口コミ・評判は?

業界ではちょっとした話題になっていたお店。
三軒茶屋で醸造所併設の店舗ということです。
とは言え最近よくあるビールの醸造所ではありません。

日本酒の醸造所(正式には少し違うのですが)併設の店舗です。

店内には自家製のどぶろくが入ったサーマルタンクが3本ほど

マニアックな水酛仕込みや 白麹の仕込みを施した酒が入ってます。

ただしまだオープンしたてなので試行錯誤の途中なのでしょうか

思い描いていた味とは少し違いました。
これからに期待ですね。

他にも日本酒にスパイスハーブを浸して作ったものや、ワイン樽で寝かせた日本酒など 曲者揃い。
純粋に日本酒を飲みに来る人には少し厳しいかもしれない。
つぶつぶのかなり残るどぶろくといい、かなり上級者向けかとも思えた。

料理に関しては、器や素材、盛り付けにもこだわりが見られて良かったです。
お値段もリーズナブルですし。
オープンしたてなので店内はとてもきれいで良いですし、お酒好きな方なら楽しめるはずですね

出典:食べログ

 

Whim Sake & Tapas は東京農業大学の関係者が運営?

メニューを眺めていたら、ちょうどオーナーさんが出てきてくれたので話を伺ってみました。

コムケン
コムケン
どぶろく醸造所併設のバーって珍しいですよね?
オーナー
オーナー
そうなんです。もともと山形県を中心にお酒の販売をしている会社なんですけど、その美味しさをもっと知ってもらうために東京に進出しちゃいました。
コムケン
コムケン
なるほど。世田谷で醸造って聞くと、つい東京農業大学の卒業生かなと思ってしまうのですが、ご関係者でいらっしゃいますか?
オーナー
オーナー
いえ、違います。だけど、農大さんに醸造学科があるのはもちろん知っているので、じつは先日も農大の先生と打ち合わせして、何かコラボできないかいま模索しているところなんです。

とっても気さくなオーナーさんでした。今回はこの後所要があり、どぶろくが飲めなかったのですが(本当は超~~~飲みたかった!)、必ず再訪することを誓ってお店をあとに…。

 

 

Whim Sake & Tapas 三軒茶屋のアクセス・営業時間ほか

住所:東京都世田谷区太子堂1-15-12 1F

TEL:03-6336-1361

営業時間:「Whim Sake & Tapas」営業時間:18:00〜24:00(水曜定休)

Web:Facebookページ

 食べログでさらに詳しくみる

 

フレッシュどぶろくと山形料理を味わうならWhim Sake & Tapas

どぶろく醸造所併設バーはとてもめずらしいので、ぜひいってみてくださいね!

友人とはもちろん、おしゃれなお店なのでデートにもおすすめ。